ブログ


SVBONY SV149 一眼レフカメラレンズ to 1.25"アイピースアダプター[キャノン/ニコン用]

SV 149は今2つのモデルがあります。今日はニコン用DIYを紹介します。アダプターヘッドは、望遠鏡の1.25インチのインターフェースに接続されているか、または1.25インチの天頂プリズムに接続されており、もう一方の端はカメラに接続されています。 焦点撮像は、アダプターの長さのテレスコープ伸長によって調整される。  ...

もっと見る  SV149 一眼レフカメラレンズ,  アダプター,  接眼レンズアダプターSV149

SVBONY 36MM UV / IRカットフィルター セルなし

UV-IRカットフィルターは、紫外線と赤外線の透過をブロックしますが、可視スペクトル領域を透過させます。スペクトルのIR(700nm〜1100nm)およびUV(300nm〜400nm)の部分は人間の目には見えませんが、300nm〜1100nmに敏感なほとんどのCCDやその他のデジタルカメラには見えません。UV-IRカットフィルターを追加して画像の鮮明度を向上させます。  ...

もっと見る  フィルター,  UV / IRカットフィルター,  SVBONY フィルター

SV135ズームアイピース のテスト

望遠鏡で月や惑星を見ているとき、「もうちょっとだけ大きく見たい!」と言うお声を聞くようになりました。しかし、適当な焦点距離のアイピースが無かったり。ピントの位置が大幅に変わってしまい、対象を見逃してしまうこともあります。そんなとき、1本のアイピースでズームできたら、アイピース交換の手間も省けとても便利ですね。  ...

もっと見る  ズームアイピース,  ズーム接眼レンズ

SVBONY レデューサー・フラットナー

レデューサーは、天文写真の場合、長焦点の望遠鏡で低倍率が必要な時や、天体写真撮影の際にF値を小さくしたり、広視界を得たい時などに使用します。フラットナーは、焦点距離は変わりませんが、像を平坦にして周辺像を改善する補正レンズです。直焦点撮影すると、写真の周りの端にある星が放射状になります。  ...

もっと見る  レデューサー,  フラットナー

フィールドスコープで皆既月食を観察しましょう!

今月の26日の夜、皆既月食が起こります。この月食は日本全国で観察することができます(北海道西部、東北地方西部、中部地方西部、西日本では欠けた状態の月が昇ってくる「月出帯食」となります。)最近はお客様から「フィールドスコープで皆既月食を観測できますか」というお声を聞きました。本日に月食に適用なフィールドスコープを紹介いたします。  ...

もっと見る  フィールドスコープ,  皆既月食,  天体観測