支払いでクレジットカードを使用している一部の方は問題があうことをお詫び申し上げます。サポートセクションで支払いについて問題の解決策を確認してください。また、メールでこちらに連絡できます。 ×

2020年11月の見られる天文現象

2020年11月の見られる天文現象

ケンタウルス座T星が極大

ケンタウルス座は、トレミーの48星座の1つ。南天の明るい星座です。日本では星座の半分程度しか見えない場所が多く、全体が見えるのは西表島以南です。 α星・β星ともに、全天21の1等星の1つです。

ケンタウルス座は、上半身が人、下半身は馬、半人半馬の姿です。

日本からは日周運動で、南の地平線を駆けていくように見えます。

月と金星が接近2020年11月13日

11月13日の早朝、良い条件で月と金星の接近が見られます。
 
 朝の5時ごろ、東の方角をご覧ください。まず目につくのは、非常に明るく輝く金星です。-4.0等ですから、目につくのは当然です。そのすぐ近く、左上にあるのは、2日後が新月という月齢27.0 の細い月です。間隔が2.8度と狭い目で、今回は良い条件です。

 月と火星が近づく 2020年11月26日

 11月26日の夜、月が火星に近づきます。
 最も近づくのは26日の8時台です。26日の21時ごろに南の空を見上げましょう。見上げるような高い位置に月と火星が横に並んでいます。