SV305 CMOSカメラと顕微鏡の組み合わせ

SV305 CMOSカメラと顕微鏡の組み合わせ

晴天なしでいつも曇りの場合に、SV305カメラを解剖顕微鏡と結合して使用して見ましょうか。

画像をクリックすると、詳細が表示されます。

SV305を解剖顕微鏡に接続され、ステージ上に小さなカタツムリがあります。

RaspberryPiはデュアルスクリーンとSSDドライブを持ってるから、結果を保存します、SV305カメラおよび顕微鏡をAstroDMxCaptureを使用、RaspberryPiと動作

Pi-SVBONY-Microscopy.jpg

カタツムリの殻は左側のモニターに表示され、右側のモニターにはキャプチャコントロールがあります

両方の画面を組み込んだスクリーンショット。RaspberryPi用のAstroDMxCaptureのメインプレビューウィンドウと、右側の画面のカメラコントロールを示しています。

SV305-Pi-Shell.png

スナップショット機能は、高品質の非圧縮Tiff画像をキャプチャするために使用されました

カタツムリの殻のスナップショット

Snail_snapshot-shell.png

カタツムリの目の1つを示すスクリーンショット

Screenshot Snail-eye.png

カタツムリの目のスナップショット

Snail_snapshot-eye.png

このテストでは、カメラは十分に機能し、SERファイルや長時間の露出をキャプチャするためにも使用されました。晴天の場合に、SV305とRaspberryPiを使用して短時間と長時間の露出の天文画像をテストします。

このブログは Dr. Steve からピックアップ、いつもありがとうございます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ご都合がよければ記事にコメントを記入してくださいね、24時間以内に返事させていただきます。

小売もロットオーダーも受けます。必要に応じて製品を誂えることも結構です。

ご質問やご問題がございましたら以下の連絡方式でお問い合わせくださいね。


レビューを書く