SVBONY SV305 接眼レンズ デジタルアイピース 2MP 1.25インチアイピース 惑星観察

在庫あり 売り切れ
商品番号: F9198A

Regular price 16,880円 (税込)

送料無料

1、裏面照射型(BSI)CMOSセンサー より鮮明な太陽と月の画像と惑星を撮れます、SV305は、非常に感度が高いCMOSセンサー、Sony IMX290を使用します。

2、ROI機能付き SV305にはROI機能を持って、高いフレームスピードで天体の局所的な細をとれます、センサーから小さな関心領域(ROI)が読み取られ、撮像される画像スケールは変更されません。解像度の設定もできます。

3、操作簡単で、初心者にも楽に使えます。月と惑星を簡単に観察でき、鮮明な画像が得られます。




SV305の使用方法

  • 1、ご使用する前に、SharpCapソフトウエアとドライバーをダウンロードし、インストールを行なっておいてください。

       ダウンロードURL: https://www.svbony.jp/Support/SoftWare-Driver/

  • 2、天体望遠鏡で観測したい対象を捉えてください。まずは、月面など捉えやすい対象から始めて見ると良いでしょう。
  • 3、次に天体望遠鏡の接眼レンズを外し天頂プリズムを取り付け、「デジアイピース」を天頂プリズムに取り付け接眼レンズ固定ネジでしっかりと固定してください。
  • 4、「デジアイピース」とパソコンを付属のUSBケーブルで接続してください。
  • パソコンの「スタート」ボタンを押し、スタートメニューを表示させます。スタートメニューから「SharpCapソフト」を選び、クリックしてください。「SharpCapソフト」が立ち上がります。
  • 「SharpCapソフト」のメニュー中の「camera」リストから「SVBONY SV305camera」をクリックし、少しすると画面にデジアイピースで映し出した画面が表示されます。
  • 5、パソコンの画面を見ながら天体望遠鏡のピント調整ノブを回し、画面に映し出されている画像のピントを合わせてください。映像が上下逆さまの場合はデジアイピース本体を回転させて正立像になるように調整してください。
  • 明るい画像を表示させない場合に、「SharpCapソフト」の「cameraControlpanel」を調整しクリアな画像がなるように徐々に調整してください。

SVBONY2.jpg

1 reviews

カスタマーレビュー

1.25インチレデューサーが使いにくい

センサーサイズが小さいので、惑星撮影以外では1.25インチレデューサーを使いたいところですが、 一般的な0.5倍のものでは1.25インチの延長チューブが長すぎて周辺像が盛大に悪化します。 付属のCSマウントアダプターを挟めば長くなるのですからもっと短いものにしてもらいたいものです。

SV305仕様:


イメージセンサー:1 / 2.8 "CMOS SONY IMX290
画素サイズ:2.9X2.9μm
静止画サイズ:2M画素1920X1080
シャッター:電子ローリングシャッター
動画サイズ:130FPS(320*240)
ビデオエンコード形式:RAW
ADC:12Pit
ROIサポート:全てROI。
光学窓:IRカットフィルター
インターフェース:USB 2.0
重さ:450g
材料:アルミニウム合金
対応OS:Windows
消費電力:200mA @ 5V
操作温度:0°C〜45°C
保管温度:-10°C〜60°C
作業湿度:20%〜80%
保管湿度:20%〜95%

パッケージ内容:


1 X SV305天体望遠鏡接眼レンズカメラ
1 X USB2.0ケーブル
1 X 1.25”延長チューブ
1 X Cレンズアダプター
1 Xユーザーマニュアル
1 X CD(天文学ソフトウェア&ドライバー&電子ユーザーマニュアル)
1×クリーニングクロス

SV305 1800秒の露出時間


お客様に最高の天文学体験を提供するために、SV305は30分、1800秒の露出時間をサポートしています。露出が長いほど、カメラは熱くなり、画像の読み取りノイズが多くなります、だから、 1800秒で十分です

1.25インチの延長チューブが付属


SV305用に1.25インチの延長チューブを設計しています。また、延長チューブはM28.5 * 6フィルタースレッドで設計されています。 SV305を使用して都市の惑星をキャプチャする場合、光害フィルターを追加して、より良い画像を取得できます

128MB DDRバッファー


惑星をキャプチャするとフレームがドロップされることを人々は知っているので、この質問は天文学のアマチュアにとって問題です。しかし、SV305カメラにはキャプチャした画像を保存する128Mのスペースがあります。 USBインターフェイスが作動しないまたは中断されているときに、保存されたすべての画像をコンピューターに転送します。

注意:Win 10 Home Version Systemで使う時に、順調ではないなら、以下の提案を参考してくださいね。

1、1.3.7バージョンのドライバーを試してください。必要ならお問い合わせください。

2、一部のPCのUSBポートには、电気不足ですから、このような現象が発生する可能性があります、一部のPCが外部デバイスに接続されている場合、システムは電源の電圧と電流を自動的に制限します。

SV305に電力を供給するように外部電源を配置するか、PCを電源に接続することをお勧めします。

3、スペックの高いパソコンをオススメ。都合が良ければ高品質のコンピューターに変更することをお勧めします、試してみてください。

SV305機能:


高量子効率の天体カメラ
2.9umピクセルサイズ、最小0.75の電子読み出しノイズを備えた裏面照射型CMOSイメージセンサー
2.9um-square単位ピクセルの背面照明構造
高感度特性
近赤外光領域の感度の向上
WDRのサポート(多重露光WDR、DOL-WDR)
汎用インターフェース(CMOSパラレル、低電圧LVDSシリアル、MIPI CSI-2)
暗光補正技術


Ask About This Product