支払いでクレジットカードを使用している一部の方は問題があうことをお詫び申し上げます。サポートセクションで支払いについて問題の解決策を確認してください。また、メールでこちらに連絡できます。 ×

天頂プリズムの知識

天頂プリズムの知識

 天体望遠鏡によく付属する付属品に天頂プリズムがあります。天頂プリズムは天頂ミラーとも呼ばれ、天頂を天体観測する時に使用します。屈折式の場合は鏡筒の長さ が長いこともあって、望遠鏡を天頂付近へ向けると接眼部が低い位置にきます。この位置から接眼レンズをのぞこうとすると、非常につらい体制になって観測するのが難しくなります。このような時に天頂プリズムを使用します。本日に天頂プリズムを紹介したいと思います。

天頂プリズムは、天体望遠鏡にとって重要な付属品として広く使われています。しかし天頂プリズムの間でも違いがあります。奇数枚の反射面の場合、像は左右裏返しの裏像です。逆に、左右が正しく表示された像は正像です。

SVBONY 1.25インチ45°正立画像天頂プリズム 

ほとんどすべての天体望遠鏡は上下逆さまの倒立像です。正立像と倒立像はどちらが見やすいですか?地上を見ることが主な用途である双眼鏡のような光学製品は、倒立像・裏像の製品はほとんどないです。しかし、宇宙では上下という概念はなく、天体を見る場合は倒立像が問題視されるケースはあまりありません。

また、天体観測する時、裏像(鏡像)、正像はどのくらい不自然に感じるのでしょうか。結局、「見慣れているもの」ほど倒立像や裏像を不自然に感じることになります。天体望遠鏡を初めて購入する初心者は、最初は倒立像や裏像の不自然をあまり感じないはずです。でも、いつも正像プリズムを使用する場合は、天体知識の学習と記憶することに役立ちます。また、手動導入操作する場合、倒立像と裏像は少し慣れないでしょう?望遠鏡を動かす方向と視野の動く方向が一致しなくて、手動導入操作は少し苦労します。手動導入で使用するファインダーは、双眼鏡のような直視の正立像なら最適ですよね。

SVBONY SV182 6X30 十字線入り 90°正立ファインダー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご都合がよければ記事にコメントを記入してくださいね、24時間以内に返事させていただきます。

小売もロットオーダーも受けます。必要に応じて製品を誂えることも結構です。

ご質問やご問題がございましたら以下の連絡方式でお問い合わせくださいね。


レビューを書く