10.1-10.5連休期間中、配送遅延可能です。毎日通常営業、なにか問題があれば、メールでお問い合わせください。24時間以内に返信します。 ×

SV305 CMOSカメラでSV601顕微鏡 をテスト

SV305 CMOSカメラでSV601顕微鏡 をテスト

弊社は最近顕微鏡を開発しました。お客様のニーズに応じて、今日はSV 305天文カメラでSV 601顕微鏡をテストします。テストの結果を一緒に見ましょうか?

 一、まず、SV601顕微鏡チェックします

1.SVBONY SV601顕微鏡

2.2Xエクステンダー

3.スライドガラス

4.DIYスライドガラス材料

5.接眼レンズ(10X、20X)

6.電源ケーブル

7.ユーザーマニュアルが含まれています。

二、調整SV 601顕微鏡

まず、電源をつけます。顕微鏡には上部と下部のLED光源二つがあります。調光可能8つのランプがあります。すぐに視野中に素材を表示させることができます。

その後、スライドガラスを選択して、標本を機械移動プラットフォームに置いて、移動スケールで締め付けます。

次に、観察対象を見つけ、まず10倍の接眼レンズと4倍の対物レンズを選択します。倍率が低いので、対象を見つけやすいです。次に焦点調整を行います。まず、粗焦点調整して、画像がはっきり次第には微調整をします。

三、SV305 CMOSカメラ組み合わせ

*0.91” TO 1.25”のアダプターを使用してSV305 CMOSカメラとSV 601顕微鏡を接続してください。

Sharpcapで、「SVBony Cameraas-SVBONY SV 305」を選択して、焦点を調整。(カラー写真はRGB 24、白黒写真はRAW 8、RAW 10)。その後、「Auto Exposure」「White Balance 」をクリックしてカラー画像を取得します。もちろん、フィルタリングを調整して、色んな色効果を選択できます。

以下はSV 305で撮影されたSharpcapの写真です。

↓↓↓詳細はこちら↓↓↓

https://www.svbony.jp/HD-Professional-1600X-Portable-Biological-Microscope/#F9365A-

興味があれば、ぜひ試してみませんか?

面白い使い方を探しつつ、楽しんでやりましょう!!

何か問題があれば、気軽にお問い合わせください。

info@svbony.jp


レビューを書く