SV305 CMOSカメラの使用方法

SV305 CMOSカメラの使用方法

気軽に月や惑星などの天体写真を撮りたいと思っていたら、SVBONYからSV105/205/305という激安CMOSカメラのシリーズが販売されているのに気づき、しかし、「コンピュータはSV 305を認識できない」や「はっきりとイメージできない」と言うお声を聞くようになりました。そこで、今回にSV305の使用方法紹介させていだたきます。

使用方法
SV305のマニュアルおよびその他の資料の著作権および修正権はSVBONYに帰属します。それらはお知らせなしに変更する場合もありますのでご容赦ください。最新のマニュアルその他の資料は弊社のWebサイトからダウンロードしてください。
1.弊社のサイトから天体ソフトウェアとドライバーをダウンロードしてください。
https://www.svbony.jp/Product/UserManual/
2.あなたのSV305カメラをコンピュータに接続し、管理者として天体[Sharpcap]キャプチャソフトウエアを実行します。Sharpcapソフトウェアを立ち上げて[カメラ]ボタンをシングルクリックすると、[SVBONY SV305カメラ]が表示されます。それをダブルクリックすると画面上に画像、またはいくつかの光が見えSV305が動作しているのがわかります。
3.SV305カメラを望遠鏡に接続すると、望遠鏡が見ている画像がコンピュータの画面に表示されます。最も鮮明な画像を得るために望遠鏡のフォーカスホイール(ピント)を調整します。


メンテナンス方法
SVBONY SV305 カメラには光学防護窓が付いており、埃や湿気からセンサーを保護することができます。そして、イメージセンサーの内側は乾燥状態で密封されています。カメラを分解するとセンサーが濡れたり、埃が入る可能性があります。我々は、お客様が自らカメラを分解し、清掃することをお勧めしません。

↓↓↓詳細はこちら↓↓↓

https://www.svbony.jp/telescope-camera/

興味があれば、ぜひ試してみます。

SVBONY facebookグループでお客様の写真を見せていただければ幸いです。 SVBONY 天文クラブにご参加を心よりお待ち申し上げます。

また、何か問題がございますたら、気軽にお問い合わせください。


レビューを書く