10.1-10.5連休期間中、配送遅延可能です。毎日通常営業、なにか問題があれば、メールでお問い合わせください。24時間以内に返信します。 ×

望遠鏡の倍率の普及

望遠鏡の倍率の普及

望遠鏡の倍率が高いほど良いと思いますか?そして、より明確になりますか?

人々が望遠鏡を購入するときに、一般的に倍率を重要な参照指標にさせます。例えば、8倍、10倍、60倍、80倍、またはそれ以上の倍率がそれぞれあります。それでは、倍率は何を表していますか?この指標に基づいて望遠鏡を選択する方法は?大きければ大きいほど良いですか?

拡大の意味が理解しやすいです。

例えば、8倍、10倍、20倍の望遠鏡を使って1000メートル先の同じな目標を観察します。8倍の観測効果は、肉眼で125メートル、10倍は100メートル、20倍は50メートルに相当します。これは望遠鏡の倍率が物事を観察することに最も直接的な影響です。それでは、倍率は観察に他のどのような影響を与えますか?

倍率の比較

市場に出回っている手持ち式双眼鏡の倍率は、通常10倍または8倍です。

なぜこれら2つの数値が特定なのですか?これは、8倍または10倍の倍率が人間の手の最大安定性に一番に近いからです。それがより高い場合に、見る時に簡単に揺れます。これが、倍率が数十倍から数百倍の天体望遠鏡にしばしば優れた安定した三脚を装備しなければならない理由です。

望遠鏡の倍率が大きいほど、遠くのターゲットが大きく見えることを意味しますが、同時に実際の視野が小さくなって、つまり望遠鏡に入る光の量が減少することを意味します。そして、光が少ないと、見るターゲットが暗くなります。一方、倍率が高すぎると、揺れが生じやすくなります。望遠鏡を手で握ると、安定して見るのが難しくなり、目の疲れも生じやすくなります。

視界

シャープネスには別の要素があります。

倍率を大きくすると、画像が視覚的に近くなりますが、より鮮明でなければなりません。シャープネスは倍率によって決まるだけでなく、レンズ素材、対物レンズの直径、レンズコーティング、光学構造、エッジイメージングなどの要因によって決まります。倍率はシャープネスの重要な要素だけではありません。簡単な例:一眼レフカメラのピクセル数は一般に約1,000万ピクセルですが、一部の携帯電話のピクセル数は2,400万ピクセルです。その逆に、写真の鮮明さと詳細を比較すると、SLRが間違いなく勝ちます。これがシャープネスの現れです。

要するに、望遠鏡を選択する時に、倍率のみを考慮することはできません。口径、材料、光学システムなどの他の要因を考慮する必要があります。

ご都合がよければ記事にコメントを記入してくださいね、24時間以内に返事させていただきます。

小売もロットオーダーも受けます。必要に応じてカスタマイズも可能です。

ご質問があったら以下の連絡方式でお問い合わせくださいね。


レビューを書く