双眼鏡の基礎知識

双眼鏡の基礎知識

双眼鏡を選ぶ時に、用途に合わせて最適な倍率や機能を持つものを選ぶことが一番重要です。コンサートで長時間使用する場合は、軽量な双眼鏡がいいでしょう。スポーツ観戦で選手の動きを捉えたいなら、ピント合わせが易い製品にオススメです。

用途によって双眼鏡の倍率と機能は異なっています。

ここで紹介する用語を参考にして、自分の使い方に合った双眼鏡を選んでください。

1.対物レンズ径Objective diameter

例:7x50双眼鏡では、対物レンズは50mmで、口径が大きいほど、集光力が高くなり、暗い星が多く表示され、画像が明るくなり、解像度がシャープになります。でも、レンズが大きくなり、重くなります!また、大きいレンズは磨くのが難しくなります。4cmは明るくなりますが、暗い星を見る能力は5cmより弱いです。3cmレベルの光の収集は比較的弱いですが、軽くて便利で日中のバードウォッチングには適します、5cmを超えるモデルは重く、バランスを保つのが難しくなります。そのため、三脚で支える必要があります。

一般的に、8x40、10x40およびその他のモデルは便利で一般的な使用に適しています。8x30モデルはバードウォッチングに最適で、大きい7x50、10x50は天文学目的により適しています。

注:集光力とは、肉眼よりも何倍も強い光を集光する対物レンズの能力を指し、対物レンズの面積に基づいて純粋に計算されます式は、対物レンズ面積/瞳孔面積(7mmx7mm)、ですが、コーティングと製造精度も輝度に影響します。良い10x40の光度は、悪い10x50に匹敵します!

口径

2.倍率Magnification

例:双眼鏡7x50、倍率は7xです。

倍率計算式:対物レンズの焦点距離/接眼レンズの焦点距離

倍率とは、シーンをズームインする機能のことです。たとえば、10倍双眼鏡は1000メートルを100メートルまで「ズームイン」できます。実際の観測サイズは、100メートルに近づくとシーンの外観に等しくなります。倍率が高いほど、見るシーンが大きくなります。

倍率を高くすると背景が暗くなり、暗い星が見やすくなりますが、倍率を高くすると画像がぼやけてしまい、手ぶれの振幅も大きくなります。一般的に、10倍は普通の人の限界です。

低倍率では、画像はより明るく鮮明になり、色収差やその他の収差は少なくなりますが、背景光によるダメージの影響も大きくなり、コントラストが低下します。さらに、解像度が不十分な場合、散乱星団を明確に分解できなくなります。

3.ひとみ径Exit pupil

計算式:対物レンズの直径(mm)/倍率

接眼レンズが目から約2フィート離れるように双眼鏡を保持すると、接眼レンズの中央に円形の光点が表示され、ほか残りの部分は黒になります。この光点はひとみ径です。

ひとみ径は望遠鏡の品質を伝えます。優れた品質の製品のひとみ径は、真ん中に位置し、黒で囲まれた完全に透明な円形の光点です。周囲の光漏れは、レンズ本体の反射防止が不十分であることを示します。ひとみ径は片側に偏っている、または核型で表示され、内部光軸が歪んでいることを示します。

ひとみ径が大きいほど、画像は明るく鮮明になり(倍率は低くなります)、画像が見やすくなります。

ひとみ径は細すぎて画像を観察するのが困難ですが、7mmを超えると瞳孔の限界を超え、光の一部が失う。また、年を取るほど瞳孔が細くなる、50歳などの瞳孔は夜間に最大5mmしか拡張しません!だから、7x50、8x56、10x70などの7mmモデルは人気がなくなり始めます。10x50、8x40などのひとみ径5mmモデルは最も適合です。ひとみ径が3mm未満であれば、昼間の表示に問題はありませんが、夜間の使用には適していません。

4.アイレリーフEye relief

アイレリーフとは、明確な視野を得る場合で目と接眼レンズの間の最短距離を指します。アイレリーフの長さは、接眼レンズの設計に応じてmmで表されます。アイレリーフが短すぎると、目が接眼レンズのガラスに近づかないと、視界の端は光が失われます。メガネをかけている人には向いていません。アイレリーフが長すぎ、画像に黒い影が現れやすいのですが、アイカップを使用して問題を解決できます。眼鏡をかけている人は、視線が14mm以上のモデルを選択してください。

ご都合がよければ記事にコメントを記入してくださいね、24時間以内に返事させていただきます。

小売もロットオーダーも受けます。必要に応じてカスタマイズも可能です。

ご質問があったら以下の連絡方式でお問い合わせくださいね。


レビューを書く