支払いでクレジットカードを使用している一部の方は問題があうことをお詫び申し上げます。サポートセクションで支払いについて問題の解決策を確認してください。また、メールでこちらに連絡できます。 ×

SVBONY SV199 1.25” ADC大気分散補正プリズム

商品番号: W9157B
Regular price 15,980円(税込)  
送料無料

SV199 1.25” ADC大気分散補正プリズム前売り開催中!3.2-3.15先行発売!

ADCとは色収差(分散)を補正する光学製品。 これにより、オブザーバーから見たオブジェクトからの既存の分散が補正になります。 オブジェクトをよりシャープにし、色を修正します。 したがって、最新のCMOSまたはCCDカメラを使用した惑星イメージングには必要です。サンプリング解像度が高く、光分散のすべての悪影響が見られます。

1.ADCは、地球の大気の分散効果を補正します。 惑星や月のより鮮明な画像が得られます。
2.大気分散補正プリズムは、物体の観察と画像化に改善します。
3. 2つの高品質の1 /4λ BK7プリズムを使用することにより、地球の大気によって導入された偽色を補正します。
4.惑星観測に使用すると、特にLRGBイメージングの場合、輝度チャネルで画像の鮮明度が劇的に変化します。
5.カメラ側のT2ネジと1.25 "バレル、望遠鏡側の1.25"バレルで、簡単に使用できます。

在庫あり 売り切れ

SVBONY SV199 1.25” ADC大気分散補正プリズム



ADCとは何ですか?

色収差(分散)を補正する光学製品。 これにより、オブザーバーから見たオブジェクトからの既存の分散が補正になります。 オブジェクトをよりシャープにし、色を修正します。 したがって、最新のCMOSまたはCCDカメラを使用した惑星イメージングには必要です。サンプリング解像度が高く、光分散のすべての悪影響が見られます。

ADCの効果は?

ADCには2つのウェッジプリズムが組み込まれており、これらは互いに平行に設定され、横方向に回転します。各プリズムのくさびは、一定量の分散(負)を導入し、既存のオブジェクトの色分散を補正します。天頂に近いオブジェクトは分散が少なくなります。地平線に近いオブジェクトは、より顕著な色分散を持っています。そのため、ADCによって導入される分散を補正する必要があります。プリズムを回転させて、必要な補正を行います。そうすることにより、異なる光の波長のいくつかの「オブジェクト画像」がシフトされ、それらを1つの単一の画像に戻し、鮮明な画像を作成します。専用のソフトウェアでさえ、異なるRGBチャネルを正しく位置合わせできないことです。この補正を完全に実行できるのはADCだけです。

0 reviews

カスタマーレビュー

仕様:

1.ブランド:SVBONY
2.モデル:SV​​199
3.表面精度:1 /4λ
4.カメラ/接眼レンズ側:1.25 "バレル+ T2オス
5.望遠鏡側:1.25 "バレル
6.光学絞り:24mm使用可能
7.材質:Bk7
8.側面:コントラストを改善するために黒くしました
9.コーティング:反射防止ブロードバンド(300nm-700nm)
10.偏角:4.5°
11.必要なバックフォーカス:56.57mm
12.正味重量:167g

パッケージに含まれるもの:

大気分散補正プリズム x1
マニュアル x1


Ask About This Product