お客様へ:ポイント還元率が変更になりました。以前の1%から5%にアップし、より多くのポイントキャンペーンをご提供します。今後もポイントキャンペーンなどをお楽しみに! ×

カテゴリ :光学製品の知識


自分に合う天体望遠鏡を選びましょう(一) 種類と仕組みから

天体望遠鏡の種類は多く、一体どれを選ぶべきか迷う方も多くいらっしゃるでしょう。それでは基本的な天体望遠鏡の構造や種類を順に見ていきましょう。  ...

もっと見る  天体望遠鏡,  天体望遠鏡の構造,  屈折式望遠鏡,  ,反射式望遠鏡,

望遠鏡のコーティング(マルチコート)とは?

窓ガラスにも反射する光があるように、レンズにも反射する光があります。光がレンズ・プリズムなど光学素子に入射するとき表面と空気の界面で表面反射が発生します。この、反射による光の損失を防ぐのがコーティングです。 反射による光の損失は、望遠鏡にとっては大きな問題となります。その反射率はコートがない場合は約4%に達し、光学系の枚数が増えると全体の透過率は低下します。また反射した光はフレアやゴーストを発生させて光学系の性能を低下させます。 レンズに様々な化学物質の膜を作ることで、光の反射率を下げ、透過率を上げます。  ...

もっと見る  望遠鏡のコーティング,  マルチコート,  モノコート,  単層コート,  接眼レンズ,  アイピース

初心者に望遠鏡の防水レベルはどう区別しますか?

望遠鏡を購入するとき、市場に出ているさまざまな防水グレードについて混乱させられますか?生活防水? IPX6は防水ですか? IPX7は防水ですか? 違いはありますか? そこで今回は、望遠鏡の防水レベルをご紹介します。選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。  ...

もっと見る  望遠鏡防水レベル,  望遠鏡防水規格,  防水望遠鏡

天体観測双眼鏡を強く推奨する3つの理由(2)

広い視野に求められるように、双眼鏡の倍率も天体を見るための非常に重要な指標であることがわかりました。  ...

もっと見る  天体観測双眼鏡,  天体観測,  双眼鏡,  双眼鏡の性能

天体望遠鏡の手入れと保管方法

最初に、自動車と望遠鏡は似ているというお話をしましたが、車を買う時も、決まったお金の中で自分の目的に合った物を選びますよね?天体望遠鏡も全く同じです。手入れをして大切に使いましょう。  ...

もっと見る  天体望遠鏡,  天体望遠鏡の扱い方,  天体望遠鏡のレンズ,  鏡筒,  望遠鏡の保管方法

レンズフィルターの分類

レンズフィルターとは、写真や映像を撮影する場合や望遠鏡などで観察する際に、レンズの先端、後端、あるいは中間部分に装着して、そこを通過する光に制限を与えるカラーフィルタやその他の光学フィルターです。光を波長や偏光で透過あるいは反射により制御します。いわゆるソフト効果や光条効果などを加えるフィルタもあります。  ...

もっと見る  フィルター,  カメラフィルター,  ムーンフィルター,  スカイライトフィルター,  UV(紫外線吸収)フィルター,  偏光フィルター

双眼鏡視度調整の方法

視度調整は、CF(センターフォーカス:中央繰出し)方式の双眼鏡で必要となります。 CFは対象物の距離が頻繁に変わっても、中央のフォーカスリングを回すだけですぐにピントを合わせることができます。 しかし、その便利な機能を使う前に視度調整が必要です。 視度調整とは、右側の接眼レンズのリングを回して左右の視力差を0(ゼロ)にしておくことです。 左右の視力差を0にしておけば、あとはフォーカスリングを回すだけでピントが合うようになります。 例)左目:通常視力、右目:軽度の近視の人が裸眼で使用する場合 右目の視度調整リングをマイナス方向に少しだけ回すと、左右の視力のバランスが取れる  ...

もっと見る  双眼鏡の調整方法,  双眼鏡,  双眼鏡視度調整,  双眼鏡右目の視度調整

バードウォッチングvs双眼鏡 フィールドスコープの選び方とおすすめ人気4選

フィールドスコープの選び方で最も重視することは、使用目的に合ったスペックの製品を見つけることです。もちろん、倍率などの性能を重視するよりも、自分が必要としているものは何なのか、どんな時に使うのかなど使用目的を把握して選びましょう。比較的、野鳥の観察に最適なフィールドスコープなどは、機種もメーカーも変わってきますので、それを頭に入れてベストな1台を手に入れましょう。  ...

もっと見る  バードウォッチング,  双眼鏡,  フィールドスコープの選び方とおすすめ,  野鳥の観察

双眼鏡の口径

双眼鏡の基本性能は対物レンズの直径=口径によって決定されます。口径が大きければ大きいほど、集光力(光を集める能力)と解像力(細かいものを見分ける能力)が向上します。しかしながら、口径が大きくなるほど双眼鏡は大型になり扱いづらくなります。  ...

もっと見る  双眼鏡,  双眼鏡の口径,  ハイクラス双眼鏡,  大口径双眼鏡,  野鳥観察双眼鏡,  自然観察双眼鏡