携帯に便利な天体観望における双眼鏡をおすすめ

携帯に便利な天体観望における双眼鏡をおすすめ

天体観望といえば「天体望遠鏡」が頭に浮かぶと思いますが、初心者が望遠鏡を使いこなすのは意外と大変です。本格的な天体望遠鏡は架台がしっかりしているため、持ち運びが大変です。さらに組み立ててすぐに使えるわけではなく、いろいろな調整をしなければなりません。天体望遠鏡は倒立像(上下逆さま)なので、目的の天体を導入するには慣れが必要です。

だから、天体観望における双眼鏡が出来た。

一方、双眼鏡はセッティング不要ですぐに使える手軽さが大きな魅力です。天体望遠鏡と異なり正立像で見えるのと、視界が広いため目的の星を導入するのが楽です。

倍率が低いため手ブレの影響も最小限に抑えられますし、気流の乱れに関してもそれほど影響を受けることはありません。

何より両目で見られるため、長時間使用していても疲れません。

天体望遠鏡を使うことで見える対象や楽しみが格段に増えるのは確かですが、気軽に扱えるという点では双眼鏡の圧勝です。

これらの理由から、星に興味を持ちだした初心者はいきなり天体望遠鏡に進まないで、双眼鏡で星を見ることをおススメします。さらに興味が湧いてきたなら天体望遠鏡に進めばいいからです。

普段天体望遠鏡で写真撮影をするようなベテランの人達も、サブとして双眼鏡を手元に置いていることが多いです。

SVBONY2.jpg

ここで弊社の星座双眼鏡SV407をちょっと紹介させていただきます。

【製品特徴】

■星空を広い範囲で観察するために開発された、倍率2.1倍、口径42mmの双眼鏡
■星空を見渡せるため、倍率6〜10倍程度の通常の双眼鏡に比べて開放感があります
■星座や星雲、星団などの天体を確かめながら観察できるほか、天の川を構成する星ぼしを視野の中に数多くとらえることも可能
■肉眼で見るよりも星が明るく見え、郊外の暗い夜空はもちろん、都会でも星空を楽しむことができます
■合焦方式にIF式を採用しているので、左右の視力が異なる方でもスムーズにピント合わせが可能。
ビノホルダーを使って三脚に接続することができますが、小型で持ち運びに便利です。
だから、自然観察、野鳥観察、ハイキング、星見など幅広くのシーンで活用できます。
■2インチ標準的なフィルタースレッド設計。ムーンフィルターに接続可能、もっと明るくシャップな画像が見れらるでしょうね。

SVBONY3.jpg

ご都合がよければ記事にコメントを記入してくださいね、24時間以内に返事させていただきます。

小売も小口注文も受けます、もちろんカスタマイズも可能です。

ご質問があったら以下の連絡方式でお問い合わせくださいね。


レビューを書く