支払いでクレジットカードを使用している一部の方は問題があうことをお詫び申し上げます。サポートセクションで支払いについて問題の解決策を確認してください。また、メールでこちらに連絡できます。 ×

CA1延長チューブには、焦点の外側に2つの例が存在

CA1延長チューブには、焦点の外側に2つの例が存在

夕食を食べて庭に座ると、美しい空が見えます。写真を撮りたいという衝動が生じるでしょうね。

では、どのように望遠鏡で美しいシーンをキャプチャしますか?この時にSVBONY CA1延長チューブが必要になります。これにより、カメラを望遠鏡に接続できますが、焦点がぼやけているという問題が発生する可能性があります。

延長チューブの焦点の位置ですね。

CA1延長チューブには、焦点の外側に2つの例が存在します。

  1. 焦点面の(相対的な)位置が前面にある
  2. 焦点面の(相対的な)位置が後面にある

第一:焦点面の相対位置は前面にある。

2つの解決策があります。

1:対応する焦点縮小レンズを増加します。

2:CA1スリーブ部分を取り外し、Tポートインターフェイスのみを使用してレンズバレルを接続します。これにより、SLR撮像素子と焦点面の間の距離が短くなる可能性があります。この方法は、焦点面前方の相対位置の問題のほとんどを解決できます。それでもフォーカスの問題を解決できない場合は、DIYを使用して、のこぎり歯でレンズ鏡筒を切り詰めることをします。

第二:焦点面の相対的な位置は後面にある。

延長チューブを長さにする方法は1つだけです。SVBONYには、固定と調整の2つのタイプの延長チューブがあります。

ご都合がよければ記事にコメントを記入してくださいね、24時間以内に返事させていただきます。

小売も小口注文も受けます、もちろんカスタマイズも可能です。

ご質問があったら以下の連絡方式でお問い合わせくださいね。


レビューを書く