支払いでクレジットカードを使用している一部の方は問題があうことをお詫び申し上げます。サポートセクションで支払いについて問題の解決策を確認してください。また、メールでこちらに連絡できます。 ×

SV305MproモノクロCMOSカメラの主な特長

SV305MproモノクロCMOSカメラの主な特長

SV305MProは、イメージセンサーに裏面照射タイプのSonyIMX290LLR-Cセンサー(2メガピクセル)を採用。「高感度」「高量子効率(QE)」「極低読込ノイズ」性能を誇る、

惑星だけではなく、太陽黒点のクローズアップ、月面撮像などにも威力を発揮するCMOSカメラです。様々なフィルターを用いたより発展的な惑星撮像に適用します。

↓↓↓詳細はこちら↓↓↓

カメラのセンサー

sonyIMX290LLR-Cセンサー、対角6.5mm、2.10MピクセルモノクロCMOSカメラです。

機械図


HCGモード
HCGモードが装備されています。HCGモードは、読み出しノイズを大幅に低減し、低ゲインと同じ高ダイナミックレンジを維持できます。
カメラのゲイン設定が80以上になると自動的にオンになります。

USB3.0とST4ポート
ST4ポート:マウントの自動ガイドポートと接続してガイド用に使用できます。
フルHD出力時、最大フレームレートは135FPS。USB3.0インターフェースで高速転送します。10/12ビットADCを有し、8ビットもしくは12ビットで出力します。

AstroDMx Capture for Windows capturing M4

*サイトの制限により、原図の詳細なデータはSVBONYのSNSに登録してください。



AstroDMx Capture was use to capture 1000-frame SER files of each of two overlapping panes of the Sun.

The FITS files were stacked with dark-frame and bias-frame correction in Affinity Photo. The resulting image was post processed in Affinity Photo, Topaz sharpen and the Gimp 2.10.
M16, わし星雲

AR反射防止コーティング
可視光と近赤外光に対するカメラの感度は非常に高いです。様々なフィルターを用いたより発展的な惑星撮像に向いています。

できればLRGBフィルターがセットになっていて、 フォーカス位置が一定のものを選ばれることをお勧めします。 フィルター交換ごとにピント合わせ直すのは大変ですもんね。)

ところで、もしなにか問題があれば、連絡ください。

info@svbony.jp
facebook: @SvbonyJapan 
twitter:@svbony
ins:svbonyjapan
youtube:SVBONY japan


レビューを書く