10.1-10.5連休期間中、配送遅延可能です。毎日通常営業、なにか問題があれば、メールでお問い合わせください。24時間以内に返信します。 ×

車窓マウントの使い方

車窓マウントの使い方

このような車の窓マウントを見たことがありますか?単眼鏡、双眼鏡、またはスポッティングスコープを窓ガラスに接続できます。車の中で窓の外の景色や動物を見ることができます。使うのもとても便利です!使い方を知っていますか?このマウントの使用方法を見てみましょう。

構成

1、国際標準サイズ UNC1/4-20ネジ

下部には、ほとんどのネジ穴に接続できる国際UNC 1/4-20ネジ頭があります。例えば、SVBONYの光学製品:単眼鏡、双眼鏡、スポッティングスコープのネジ穴が国際標準サイズなので、すべてマウントに接続できます。隠された1つのネジ頭もあるから、2つのネジ穴があるスコープに接続できます。ネジ穴が1つしかない場合、このネジ頭はオブジェクトの表面に触れると非表示になります。使用にとても便利です。

一般的には、スコープに国際標準のネジ穴があれば、このマウントに接続できます。

更に、マウントの理論的な荷重は5kgに達する可能性がありますが、実際の支持力は窓ガラスの耐荷重基準によって決まります。

ネジ
2、0-12mmの調整可能な厚さ

マウントの両側にゴムが引きされ、窓ガラスをよく保護することができます。その幅は車の窓固定ナットによって調整することができます。接続可能なガラスの最大厚さは12mmです。

3、水平360°および垂直120°の角度調整でき

固定ナットを緩めて360°の水平回転でき、野生動物を詳細に観察できます。

ハンドルを調整して120度の垂直角度調整でき、遠くの高い山と飛ぶ鳥を詳しく観察できます。

スコープをマウントに取り付けた後、望遠鏡の固定ナットで固定し、ハンドルで最適な高さに調整することができ、見やすくなります。

調整

ご都合がよければ記事にコメントを記入してくださいね、24時間以内に返事させていただきます。

小売もロットオーダーも受けます。必要に応じてカスタマイズも可能です。

ご質問があったら以下の連絡方式でお問い合わせくださいね。

 


レビューを書く