SVBONY アイピースセット1.25インチ接眼レンズ 天体望遠鏡用アクセサリー 66°広角アイピース

在庫あり 売り切れ
商品番号: F9157Z

Regular price 11,880円 (税込)

送料無料

1、焦点距離:6mm 9mm 15mm 20mm四つセット、距離と大きさの異なる物体を自由に観察することができます。

2、66°広角アイピース:見掛視界:66°。アイレリーフ:16mmより素晴らしい「スペースウォーク」を体験できます。

3、シンプルな画像:レンズはマルチコーティングでより良いシャープな画像を提供いたします。像面が平坦で色収差がバランスよく補正され、鮮明な像を結びます。


アイピースについて:

1-1.jpg1-2.jpg

アイピースの重要性


アイピースは望遠鏡を構成する要素の中で最も大事な部分のひとつです。一本のアイピースが望遠鏡の見え方を一変させてしまうことだってあるのです。 観測や観望、使用する目的は違っても、望遠鏡の能力を余すところなく引き出すことができます。 また、望遠鏡をグレードアップしても引き続き使っていくことができます。


広角アイピースのすすめ


ほぼ等しい焦点距離のアイピースの場合、見掛け視界の広いアイピースの方が 実視界は広くなります。見掛け視界の広いアイピースの方が、 より素晴らしい「スペースウォーク」を体験できます

1 reviews

カスタマーレビュー

9mm意外に良く見える

主に登山の際に携行する小型望遠鏡(10㎝F5屈折)用に購入しました。明るい星団、星雲をバーローを介して高倍率で観望するためです。購入後、先ずは日中、遠くの鉄塔を見ました。ある程度予想はしていましたが、視野絞環に青色が強く出て、さらにそのすぐ内側、見掛けで3度角程度は景色が潰れていました。そして夜間、試しにプレアデスを観ました。確かに視野の端では急激に星像が潰れていましたが、60度の範囲では収差も我慢できるレベルでした。もともと9mmアイピースにはスマイスレンズが付いているのですが、テレビューのバーローを介しても像も甘くならず、反って 良像範囲が広がったようで、ヌケも良く、倍率を上げるほどより暗い星が見えてきます。この価格帯では良いモノだと思います。私の町では透明度が良い夜でも肉眼で4等級が限界ですが、10㎝にバーローとこの9mmで観ると、プレアデスの中の12等級が見えてきます。来年、アルプスの稜線に持って行きたいと思います。

広角アイピース仕樣:


見掛視界:66°
アイレリーフ:16mm
差込径:31.7mm
マルチコーティング:FMC
材料:光学ガラスとメタル
アイカップ:折れる
焦点距離:6mm、9mm、15mm、20mm

パッケージの内容:


1X 6mm望遠鏡用接眼レンズ
1X 9mm望遠鏡用接眼レンズ
1X 15mm望遠鏡用接眼レンズ
1X 20mm望遠鏡用接眼レンズ

1-4.jpg1-3.jpg

アイピースの焦点距離と倍率の関係

倍率=対物レンズ(鏡)の焦点距離÷接眼レンズの焦点距離という式で求められます。
また、望遠鏡の対物レンズは焦点距離を変えることができませんので、倍率の調節はすべて接眼レンズを交換することで行わなれます。上の式から分かりますように、接眼レンズの焦点距離が長くなれば相対的に倍率は低くなり、接眼レンズの焦点距離が低くなるほど相対的に倍率は高くなります。倍率が低くなればなるほど、見える範囲が広く明るくなり、倍率が高くなれば高くなるほど見える範囲は狭く暗くなります。実際の観測では、見る対象に応じて焦点距離の異なるアイピースを交換することにより、最適な倍率で星を観測します。


Ask About This Product