支払いでクレジットカードを使用している一部の方は問題があうことをお詫び申し上げます。サポートセクションで支払いについて問題の解決策を確認してください。また、メールでこちらに連絡できます。 ×

ADC 大気分散補正プリズム

ADC 大気分散補正プリズム

惑星観測の際に、夜空の低い高度では地球上の大気中を光が斜めに通過する為、プリズム効果によって惑星の上下に色にじみが発生します。その色収差を打ち消す補正プリズムを通すことで、大気分散を補正します。SVBONYファンズのニーズを満たすために、弊社もADC 大気分散補正プリズムを開発しています。本日は皆様に大気分散補正プリズムの機能を紹介したいと思います。

ADCとは何ですか?

色収差(分散)を補正する光学製品。 これにより、オブザーバーから見たオブジェクトからの既存の分散が補正になります。 オブジェクトをよりシャープにし、色を修正します。 したがって、最新のCMOSまたはCCDカメラを使用した惑星イメージングには必要です。サンプリング解像度が高く、光分散のすべての悪影響が見られます。

色分散とは何ですか?

惑星観測の際に、夜空の低い高度では地球上の大気中を光が斜めに通過する為、プリズム効果によって惑星の上下に色にじみが発生します。
これは、白色光が媒体を通過し、その基本波長に分割されるときに観察される現象です。虹は同じ原理に基づく自然現象です。同じことがガラスプリズムを通過する光にも当てはまります。天体も同じ問題を抱えています。地球の表面から観察するとき、物体と観察者の間の大気はプリズムとして機能し、光をさまざまな成分に分解します。使用者は、さまざまな波長で、さまざまな重ね合わせやわずかにシフトした画像を見ることができます。大気が厚いほど、分散が悪くなります。 天頂に近いオブジェクトは、地平線に近いオブジェクト(より厚い大気)と比較して分散が小さくなります。

ADCの効果は?

ADCには2つのウェッジプリズムが組み込まれており、これらは互いに平行に設定され、横方向に回転します。各プリズムのくさびは、一定量の分散(負)を導入し、既存のオブジェクトの色分散を補正します。天頂に近いオブジェクトは分散が少なくなります。地平線に近いオブジェクトは、より顕著な色分散を持っています。そのため、ADCによって導入される分散を補正する必要があります。プリズムを回転させて、必要な補正を行います。そうすることにより、異なる光の波長のいくつかの「オブジェクト画像」がシフトされ、それらを1つの単一の画像に戻し、鮮明な画像を作成します。専用のソフトウェアでさえ、異なるRGBチャネルを正しく位置合わせできないことです。この補正を完全に実行できるのはADCだけです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご都合がよければ記事にコメントを記入してくださいね、24時間以内に返事させていただきます。

小売もロットオーダーも受けます。必要に応じて製品を誂えることも結構です。

ご質問やご問題がございましたら以下の連絡方式でお問い合わせくださいね。


レビューを書く