支払いでクレジットカードを使用している一部の方は問題があうことをお詫び申し上げます。サポートセクションで支払いについて問題の解決策を確認してください。また、メールでこちらに連絡できます。 ×

ラベル :ニュートン天体望遠鏡


天体望遠鏡の種類

天体写真撮影のために1930年にシュミットによって発明されました。 主鏡として球面凹面鏡を主に使用してコマ収差を解消し、主鏡の前の適切な位置に配置された非球面レンズを補正鏡の補正器として使用して主鏡の球面収差を補正します。このようにして、広角(最大40-50度)の視野を得ることができます。通常のミラーによく見られる球面収差やコマ収差はなく、補正ミラーによるわずかな色収差しかありません。 写真に使用されるシュミット望遠鏡は、非常に小さい焦点比(通常、f1とf3の間、最小は0.6に達する可能性があります)を達成できるため、星野写真や星雲写真に非常に適しています。  ...

もっと見る  屈折天体望遠鏡,  ガリレオ型天体望遠鏡,  ケプラー天体望遠鏡,  ニュートン天体望遠鏡