支払いでクレジットカードを使用している一部の方は問題があうことをお詫び申し上げます。サポートセクションで支払いについて問題の解決策を確認してください。また、メールでこちらに連絡できます。 ×

SV305シリーズCMOSカメラの倍率について

SV305シリーズCMOSカメラの倍率について

弊社のSV305シリーズCMOSカメラを使用とき、「倍率を落としたい」「カメラを直接接眼部に入れてますが、アイピースを中間に入れて、倍率は何倍になりますか?」と言うお声を聞くようになりました。そこで、今回にCMOSカメラの倍率について、紹介させていだたきます。ただ自分で感想です。意見や提案があれば教えていただければ幸いです。

 

問題:SV205カメラがVixenのR200SS(ニュートン式反射望遠鏡 f800mm)に直接取り付けて使用しています。

画像には問題ありませんが、倍率が高すぎ100倍以上あります。低倍率にする方法をお教え願います。

 

一般的に望遠鏡の倍率=対物レンズの焦点距離/接眼レンズの焦点距離

しかし、CMOSカメラ使用とき、基本的には写るサイズは,C-MOSの撮像素子のサイズで決まりますね。つまりカメラのセンサーサイズで決まります。

R200SSは良像を得る為、筒外焦点距離が短く余裕が無い。レデューサを入れると合焦できないのではないでしょうか。画像センサをせめてAPS-Cサイズかそれ以上にして、Vixen純正コマコレクタを入れるのが良いでしょう。F値の短いニュートン反射は周辺星像に収差のコマが盛大に発生するのを補正してくれます。

私の理解が正しいかどうかは分かりません。意見や提案があれば教えていただければ幸いです。

SVBONY facebookグループでお客様の写真を見せていただければ幸いです。 SVBONY 天文クラブにご参加を心よりお待ち申し上げます。

また、何か問題がございますたら、気軽にお問い合わせください。

 


レビューを書く