支払いでクレジットカードを使用している一部の方は問題があうことをお詫び申し上げます。サポートセクションで支払いについて問題の解決策を確認してください。また、メールでこちらに連絡できます。 ×

ガイドスコープを望遠鏡としての三つの使い方

ガイドスコープを望遠鏡としての三つの使い方

最近は一部分のお客様からメールが届きました、焦点距離が20mm接眼レンズはSV106ガイダースコープに取り付けると使用できますか。また、SV105デジタルアイピースをSV106ファインダースコープに付けると使うことができるかどうかなどを尋ねてくれました。

今日、ガイドスコープSV106を他のアクセサリーと連続してテストします。もしテスト結果が役に立てるなら嬉しいです。必要なアクセサリーを購入する前に参考にしてくださいね。

接眼レンズ

テスト1:SV106ガイダースコープと20mm接眼レンズ

SV106ガイダースコープの焦点距離は190mmであるため、焦点距離が20mmの接眼レンズと連続したら、倍率は9.5倍になります。

30mmのバックフォーカス距離を調整すると、建物がはっきりと見えました。建物上の文字がはっきり見えます。

テスト2:SV106 ガイドスコープとSV105デジタルアイピース

SV105ガイドスコープにSV105カメラを付けると、Windows 10コンピューターでsharpcap 3.2を使用しました。

1.25インチの接眼レンズをSV106スコープのダブルヘリカルフォーカサーホールに直接入れ、コンピューターで鮮明な画像が得られるまでバックフォーカス距離を調整するだけです。

SV106ガイドスコープを外の建物に向いて、Mi5でこの写真を撮ります。実際、スマートフォンでこの写真を撮ると、コンピューターの画面上で写真がかなり鮮明になります。 (スマホで撮った画像が明るくないことに申し訳ございません。)

デジタルアイピース

テスト3:SV106ガイダースコープ&2xバローレンズ&ダイアゴナル&アイピース

Facebookグループに投稿する画像の通り、接眼レンズを通して画像を直接はっきりと見ることができましたが、TEST 1の結果ほど画像は鮮明ではありません。

それは光がダイアゴナルで反射し、2xバーローを通過すると、一部分の光が失われるからです。

もしSV106ファインダースコープに90度のダイアゴナルを使用予定なら、使って見てくださいね、接続できます。

ただし、より鮮明な画像を表示する場合は、バローレンズとダイアゴナルを使用することはお勧めしません。直接アイピースと連続すると使えます。

もしSV106ファインダースコープに興味があったら使ってみてくださいね。

他の使用方法がある可能があります。もし試して成功するならシエアしてくださいね。

組み合わせSVBONY

ご都合がよければ記事にコメントを記入してくださいね、24時間以内に返事させていただきます。

小売も小口注文も受けます、もちろんカスタマイズも可能です。

ご質問があったら以下の連絡方式でお問い合わせくださいね。


レビューを書く