支払いでクレジットカードを使用している一部の方は問題があうことをお詫び申し上げます。サポートセクションで支払いについて問題の解決策を確認してください。また、メールでこちらに連絡できます。 ×

顕微鏡でSV 105&SV 305 CMOSカメラテストの比較

顕微鏡でSV 105&SV 305 CMOSカメラテストの比較

前のブログはSV 305 CMOSカメラでSV 601顕微鏡をテストしました。テスト画像に基づいて、イメージングをよく観察することができます。

ところで、弊社がSV105/205/305というCMOSカメラのシリーズが販売されています。そこで、今回に顕微鏡でSV 105&SV 305 CMOSテストの比較が紹介させていだたきます。

  1. SV105でSV601顕微鏡のテスト

具体的な操作プロセスについては、ブログ「SV305 CMOSカメラでSV601顕微鏡 をテスト」を参照してください。 ここでは、SV105カメラとSV601顕微鏡のテスト結果を示します。 顕微鏡では、観察条件が4倍で、  双子葉植物のさまざまな組織の細胞構造を見ることができました。

  1. SV305でSV601顕微鏡のテスト

顕微鏡物鏡が4倍でSharpcap自動RGB24

3.SV 105&SV 305 CMOSカメラテストの結果

では、顕微鏡でのイメージングに適したSMOSカメラはどれですか?  それをより詳しい説明するために、スマートフォンで撮影した写真を追加しました。 この図から、顕微鏡の対物レンズが4倍の場合、SV 105&SV 305 CMOSカメラが植物細胞を見ることができ、特に違いはありません。 顕微鏡の10倍の場合、SV305を使用した画像の色度は、スマートフォンで撮影した画像の色度に近くなります。 顕微鏡を40倍にすると、SV105で画像は比較的暗く、SV305は明イです。

4.結論

SV 105&SV 305 CMOSカメラは、顕微鏡の低倍率(4倍、10倍)で鮮明な画像を取得できます。 高倍率(40倍)では、SV305の優勢を占めます。 それはより強い感光性能力を持っています。 高倍率で被写体を観察する必要がない場合は、SV105を選択できます。 より大きな倍率で実際の色に近いオブジェクトを観察したい場合は、SV305が最適です。

 

↓↓↓詳細はこちら↓↓↓

https://www.svbony.jp/HD-Professional-1600X-Portable-Biological-Microscope/#F9365A

興味があれば、ぜひ試してみませんか?

面白い使い方を探しつつ、楽しんでやりましょう!!

何か問題があれば、気軽にお問い合わせください。

SVBONY facebookグループでお客様の写真を見せていただければ幸いです。 SVBONY 天文クラブにご参加を心よりお待ち申し上げます。

info@svbony.jp

 


レビューを書く