10.1-10.5連休期間中、配送遅延可能です。毎日通常営業、なにか問題があれば、メールでお問い合わせください。24時間以内に返信します。 ×

天文カメラ、よくある2つの問題と解決策

天文カメラ、よくある2つの問題と解決策

天文カメラは、天文学愛好家にとって重要で便利な観測ツールです。通常の接眼レンズとは異なり、USBインターフェースを介してコンピューターに接続でき、コンピューターの画面に星や深宇宙を観察することができます。高い感度のSONY IMX290CMOSチップを採用して、太陽、月、惑星の鮮明な画像をキャプチャできます。

しかし、カメラを使用している時に、多くの人には次の2つの問題があります。本日は解決案を説明致します。

一、カメラが識別できません

 まず、天文カメラはお使いのパソコンシステムに合っているかどうかを判断します。もしシステムが合っていてもカメラが識別できない場合は、次の方法をお試しください。

  • 別のUSBポートに変更して、接続するポートを試します。

 2、ソフトウェアを閉じてから再度開きます。

 3、ドライバがインストールされているか確認してください。https://www.svbony.jp/downloads

二、焦点が合っていません

クリアな画像が得られない場合は、フォーカスを調整する必要があるかもしれません。

フォーカスを調整する方法は次のとおりです。

1.レンズバレルから遠く離れた場所で鮮明な画像を表示できる場合は、エクステンダーまたは延長チューブと一緒に使用する必要があることを意味します。

2.レンズバレルに近い場所で鮮明な画像を表示する場合、それはレデューサーと一緒に使用する必要があることを意味します。

上記のテストでは、天気がいい日にためしてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご都合がよければ記事にコメントを記入してくださいね、24時間以内に返事させていただきます。
小売もロットオーダーも受けます。必要に応じて製品を誂えることも結構です。
ご質問やご問題がございましたら以下の連絡方式でお問い合わせくださいね。


レビューを書く