SVBONY SV205 1.25インチ デジタル 天体望遠鏡用アイピース 8MP USB3.0ユニバーサル

在庫あり 売り切れ
商品番号: F9159D

Regular price 9,680円 (税込)

送料無料

1、3264X2448の解像度で最大15フレーム/秒の高速2Kビデオを記録し、ほぼすべての望遠鏡に直接ネジで接続するためのアルミニウム製の1.25インチアダプタバレルです。

2、USB3.0は転送速度を向上させ、最大60Mバイト/秒のデータ転送速度を実現し、フレームレートは実際の伝送速度限界に近い3264X2448以下です。

3、コンパクトなサイズ、軽量、ポータブルデバイスの構築に最適で、軸外れのガイドスタースターシステムガイド、形状の1.25インチサイズのデザインを使用し、主流のアイピース望遠鏡顕微鏡インターフェイスと互換性があります。

4、SV205接眼レンズカメラは標準的なUVC装置で、Windows 7/8/10と互換性があります、windowsシステムは自動的にドライバをインストールします、鮮明さを大幅に向上させます、画像処理装置は、暗い光の補償技術を採用しており、照明が不十分な環境にも対応できるように最大1000MSの露光時間に合わせるゲイン調整機能を追加しています。


SV205使い方:

 

1、まず、ご使用する前に、SharpCapソフトウエアをダウンロードし、インストールを行なっておいてください。

ドライバをインストールする必要はありません。 SV205は標準UVC装置なので、Windows 7、10システムは自動的にドライバをインストールします。

SharpCapソフトウエアURL: https://www.sharpcap.co.uk/sharpcap/downloads

2、天体望遠鏡で観測したい対象を捉えてください。まずは、月面など捉えやすい対象から始めて見ると良いでしょう。

3、次に天体望遠鏡の接眼レンズを外し天頂プリズムを取り付け、「デジアイピース」を天頂プリズムに取り付け接眼レンズ固定ネジでしっかりと固定してください。

4、「デジアイピース」とパソコンを付属のUSBケーブルで接続してください。

5、パソコンの「スタート」ボタンを押し、スタートメニューを表示させます。スタートメニューから「SharpCapソフト」を選び、クリックしてください。「SharpCapソフト」が立ち上がります。「SharpCapソフト」のメニュー中の「camera」リストから「SVBONY SV205camera」をクリックし、少しすると画面にデジアイピースで映し出した画面が表示されます。

6、パソコンの画面を見ながら天体望遠鏡のピント調整ノブを回し、画面に映し出されている画像のピントを合わせてください。映像が上下逆さまの場合はデジアイピース本体を回転させて正立像になるように調整してください。そして、明るい画像を表示させない場合に、「SharpCapソフト」の「camera Control panel」を調整しクリアな画像がなるように徐々に調整してください。

7、「SharpCapソフト」で写真を撮って画像ファイルを保存することが可能です。もちろん、美しいビデオをキャプチャすることもできます。イメージをより美しくクリアにするために状況に応じて調整してくださいね。「SharpCapソフト」右側の規格:ゲイン、コントラスト、露出時間、フレームレート、彩度などを手動で調整してください。

SVBONY2.jpg

 

5 reviews

カスタマーレビュー

コストパフォーマンス抜群、素晴らしい!

1週間ほど配送に時間かかりましたが、この価格で機能-性能ともに大満足です。開梱後、製品チェックのために10cm級の鏡筒で、高度も低く風も強いシーイング悪い中、木星を撮影してみたところ、この程度の画が簡単に撮れました。架台のしっかりした大口径鏡に載せ替え、時間をかけて焦点調整やキャプチャーソフトの設定を行えば、もっと鮮明な画が撮れるでしょうね。この価格でこの機能・性能、素晴らしいと思いました。

素晴らしい解像度です。

当初KENKOのデジアイピースDXを使用していましたが、解像度が低く満足できませんでした。3000円ほど高かったのですがSVBONY SV205を購入し、同じ画像を撮ってみましたが全く違い明瞭な画像となりました。ソフトはKENKOさんのデジアイピースDX用のソフトでも読み込めたので、画像取り込みも容易でした。3264X2448の解像度、8MPの威力は凄いです。

手軽にデジタル読み込みができる

ある記念品で念願の反射式望遠鏡をいただきました。屈折式は昔自作したこともあるのですが、口径の大きい反射式に大満足。すぐにデジタルアイピースを探し、これを入手しました。パソコンで確認できる画素数で、値段からすれば十分なものだと思います。推薦のフリーソフト(Webから自分で入手)と組み合わせ、なんとか満足のいく画像を手に入れることができます。写真は月面と、ちょうど同じころ接近していた木星です。木星は4衛星もはっきり見えます(ただし、上記ソフトおよび画像ソフトでクリアにしたもの)。まったくの初心者にはちょっとしんどいかもしれません。動画は自動追尾で4秒ほどとった月面。これが無加工の図です。

すばらしい

十分な画質です。画像キャプチャーアプリも問題ありません。

コストパフォーマンス抜群

他の製品に比べて、コストパフォーマンスが、良くて、使いやすくて大変良いと思います。

SV205仕様:


モデル :SV205
カラーカメラ: Yes
イメージセンサー: 1/3.2” COMS 
センサーモデル: SONY IMX179
動画サイズ: 15FPS(3264*2448) 30FPS(1920*1080)
静止画サイズ: 8M 画素 (3264*2448)
USBタイプ: USB 3.0
画素サイズ :1.4μm X 1.4μm
シャッター: 電子ローリングシャッター
露出時間:15ms-500ms
ゲイン :0-120
ADC : 10 bit
インスフェースタイプ :標準 UVC プロトコル
ケーブル長さ: 1.8m
重さ :100g
サポートシステム: Windows7, 10. Linux,  Android
サポート望遠鏡: 1.25インチ天頂プリズム付属
消費電力 :150MA@5V
 作業湿度: 30%-80%
保管湿度 :20%-90%
操作温度: 0℃ to +50℃
保管温度:-10℃ to +60℃

パッケージ内容:

  • 1、1xSVBONY SV205天体望遠鏡接眼レンズカメラ

  • 2、1x 1.2m USB3.0ケーブル

  • 3、1x 1.25インチダストカバー

  • 4、1xクリーニングクロス

  • 5、1x説明書(日本語)

明るい惑星を撮影したい?月、星を撮影したい?

SVBONY SV205 1.25インチ デジタル接眼レンズがあなたの夜空の探訪をサポートします。

小さなものから大きなものまで、どの望遠鏡でも見ることができますが、見るだけではなく、天体や星空の撮影にチャレンジしたい方も多いと思います。明るい天体なので、街明かりも気にすることもなく、都会の真ん中でも楽しめる天体です。新月⇒上弦⇒満月⇒下弦⇒新月と約一ヶ月かけて元に戻ります。月は毎日形が変化します。毎日見ても飽きない天体です。

天体望遠鏡接眼レンズカメラは望遠鏡の画像をコンピューターで画像確認できる、コンパクトなので場所を取りません。
自由研究の画像や、仕事で使う拡大画像等もコンピューターで手軽に撮影、保存が可能です。

windowsシステムは自動的にドライバをインストールします。鮮明さを大幅に向上させます。画像処理装置は、暗い光の補償技術を採用しており、照明が不十分な環境にも対応できるように最大1000MSの露光時間に合わせるゲイン調整機能を追加しています。

それから、1.25インチのフィルターを接続することができます、フィルターのスレッドはM28.5 * 0.6です。


Ask About This Product