SV601生物顕微鏡の使用テスト

SV601生物顕微鏡の使用テスト

今日はみんなに紹介した製品のが、弊社最初の顕微鏡-SV601です。

まず、SV601顕微鏡チェックします

1.SVBONY SV601顕微鏡

2.2Xエクステンダー

3.スライドガラス

4.DIYスライドガラス材料

5.接眼レンズ(10X、20X)

6.電源ケーブル

7.ユーザーマニュアルが含まれています。

 

この顕微鏡の解像度は最大1600倍です。学生科学、宝石の鑑賞、生物学的検査で使用されます。コスパ高いと思います。微動焦点装置  おかげで動き回るゾウリムシの高倍率観察も対応。

スプリング付き40x対物レンズ 、10倍と40倍にはコーティングもあり、

プリズム式ヘッド  鏡像にならないメリットが。非対称な文字も読めます。これも素晴らしい。

電源をつけ、顕微鏡には上部と下部のLED光源二つがあります。調光可能8つのランプがあります。

楽に観察できます。簡易メカニカルステージ 、 スライドガラスを選択して、標本を機械移動プラットフォームに置いて、操作しやすいです。

また、デジタルカメラに組合せ使用できます。0.91-1.25インチのアダブターが必要です。もちろん、弊社のSV305 シリーズカメラにも組み合わせ使用できます。効果がいいです。

以下のリンクを参照してください。

↓↓↓詳細はこちら↓↓↓

https://www.svbony.jp/blog/Comparison-of-SV-105---SV-305-CMOS-camera-tests-with-a-microscope

テストの結果見れば、顕微鏡の対物レンズが4倍の場合、SV 105&SV 305 CMOSカメラが植物細胞を見ることができ、特に違いはありません。 顕微鏡の10倍の場合、SV305を使用した画像の色度は、スマートフォンで撮影した画像の色度に近くなります。 顕微鏡を40倍にすると、SV105で画像は比較的暗く、SV305は明イです。

そこで、高倍率で被写体を観察する必要がない場合は、SV105を選択できます。 より大きな倍率で実際の色に近いオブジェクトを観察したい場合は、SV305が最適です。

もし興味があれば、ぜひ試してみてください。


レビューを書く