支払いでクレジットカードを使用している一部の方は問題があうことをお詫び申し上げます。サポートセクションで支払いについて問題の解決策を確認してください。また、メールでこちらに連絡できます。 ×

フィールドスコープの選び方---ヒント2

フィールドスコープの選び方---ヒント2

直視型VS傾斜型

フィールドスコープは一般的には2タイプがあります:直視型と傾斜型。

一人で野鳥観察に行く場合に、頑丈で背の高い三脚を使用すれば、直視型フィールドスコープを使うならいいです。三脚の高さを目と同じ高さに調整することで、長時間観察することができて疲れないです。

しかし、家族や友達と一緒にバードウオッチングすれば、傾斜型を選んだら最高です。45°倾斜型フィールドスコープは景気をシエアするということに役立ちます。フィールドスコープの高さを君たちの中には一番背が低い人が観察に適合な角度に調整するといいです。背の高い人がただ腰を屈めて気軽に観察することができます。郊外で野鳥観察する場合に、フィールドスコープの向きや高さを調整して観察に適用です。蔡1203-2.jpg

フォーカシングとクローズフォーカシング

通常、スコープの本体にあるリングまたはノブを回すことで焦点を合わせます。これにより、内部の要素が移動して鮮明な画像が得られます。一つタイプのフィールドスコープには2段階のフォーカスがあり、一つが粗動ノブでクローズアップから無限に素早くシフトし、もう1つが微動ノブではるかに小さな調整を行います。このスコープが好きなどうか個人的な好みによって決めます。スコープを試してみる機会がある場合は、ピント合わせ方式が快適かどうかを確認してください。

奇妙に思えるかもしれませんが、クローズアップオブジェクトに焦点を合わせるためのスポッティングスコープの能力は重要です。バーダーは常に遠くの斑点を特定するために苦労しているわけではありません。遠くない鳥の詳細を見ることがあります。例えば、ハチドリが餌箱を訪れ、数ヤード先からそれを調べているという重要なマークを探しているかもしれません。

多くのメーカーは現在、フィールドスコープの最小焦点距離をリストしていますが、機会があれば、自分でテストすることをお勧めします。理想的には、バードウォッチングのスコープは、20フィート以下に焦点を合わせることができるはずです。

ご都合がよければ記事にコメントを記入してくださいね、24時間以内に返事させていただきます。
小売も小口注文も受けます、もちろんカスタマイズも可能です。
ご質問があったら以下の連絡方式でお問い合わせくださいね。

 

 

 


レビューを書く