支払いでクレジットカードを使用している一部の方は問題があうことをお詫び申し上げます。サポートセクションで支払いについて問題の解決策を確認してください。また、メールでこちらに連絡できます。 ×

SV305CMOSプラネタリーカメラでの良い使い方法

SV305CMOSプラネタリーカメラでの良い使い方法
SV305CMOSプラネタリーカメラでの良い使い方法
1.イメージセンサーに高感度が得られる裏面照射タイプのCMOSセンサー、SONY IMX290を採用。月、惑星などの天体を鮮明に撮影できます。
2.露出時間は1ミリ秒~1800秒までサポート。月、惑星のほかに星雲、星団などの天体も撮像可能です。また、PC画面に天体画像を映し出す電視観望もお楽しみいただけます。
3.UV-IRカットフィルターが付属します。取り外しが可能ですので、光害カットフィルター(別売り)などへの付け替えも可能です。
4.USB 3.0 ジャック、堅牢で洗練されたデザインのUSB 3.0ソケットが追加されました 、これにより、保護を必要とするアプリケーションに使用できます。高速転送可能になります。

5.接続はST-4互換。ガイドスコープでも使用できます。ガイドソフトは「PHD guiding」フリーソフトに対応可能です。擬似星を使ってのオートガイドです。

↓↓↓詳細はこちら↓↓↓

SVBONY SV305Pro AR コーティングフィルター 天体撮影用カラーCMOSカメラ

ちなみに、SV305シリーズCMOSカメラが在庫ある、必要があれば、公式サイトでチャックしてください。

SV305 カラー

SV305pro カラー

SV305pro AR カラー[UV/IRカットフィルター付き、光害問題で自宅でのDSO観望や赤外域を利用した電視観望にも対応可能です。]

SV305M pro モノクロ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

製品についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

info@svbony.jp
facebook: @SvbonyJapan 
twitter:@svbony
ins:svbonyjapan
youtube:SVBONY japan


レビューを書く