SV21がちょっと重いの原因は何ですか

SV21がちょっと重いの原因は何ですか

お客様のおかげで、SV21はずっとモテますが、時々お客様から質量がちょっと重いと苦情を受けてもらいました。本文はこの原因について説明させていただきお客様の質問をはっきりにさせます。

一般的には、双眼鏡の重さのうち、最も占めるのが大きいのが光学ガラス(レンズとプリズム)です。

以下はまずSV21双眼鏡の光学ガラス注目して説明いたします。

SVBONY-SV21大きい対物レンズ.jpg

1、「42mm大きい対物レンズ」

双眼鏡の基本性能は対物レンズの直径=口径によって決定されます。口径が大きければ大きいほど、集光力(光を集める能力)と解像力(細かいものを見分ける能力)が向上します。しかしながら、口径が大きくなるほど双眼鏡は大型になり扱いづらくなります。一般的には15mm-45mm間にはいいで、状況によって適合な口径を選びます。

SV21は42mm対物レンズを備わって、ちょっと大きいですが、視界の27.5明るさも確保します。見掛視界「8x42」を実現し、臨場感あふれる広い視界を提供します。

SVBONY-SV21プリズム.jpg

2、「BK7ダハプリズム」

プリズムは、光を曲げる役割をし、像を正立にします。プリズムを使うことで、倍率や性能を向上させます。構造的にシンプルであるオペラグラスタイプにより内部にプリズムを配置します。

SV21はBK7ダハプリズムを採用より高画質な視界をお届けします。そして、多層膜コーティング、光の透過率を高める多層膜コーディングを施されています、優れた光学性能により鮮明でシャープな像を実現します。

そして、「スチール素材」は重さの原因で一つです。

双眼鏡を軽量化するときには、ボディの素材をより軽量なものに変更します。ただし堅牢さも維持しなければいけないのは言うまでもありません。金属ではスチール素材が高級機種を中心に採用されるようになり、質感も高級感がありもちろん強度も高いです。

SV21はスチール素材を採用してしっかり感があります。

だから、SV21双眼鏡はちょっと重いですけど、光学性能が良いです。お客様の様々なニューズに満たせるからもてます。

一般的には、対象を観察するのがメインとなるので、やはり見え味が重要です。

隣の人は見えているのに自分の双眼鏡じゃ見えない、なんてことがあると楽しさも減ってしまいます。もちろん、同時に双眼鏡の重さが重要ですが。双眼鏡を持って移動する事が多いので重いと負担になってしまいます。

しかし重さと見え味の両立というのは難しく、どちらかを取ればどちらかを犠牲にしていまうのが現状です。自分の求める見え味と使用感で選んでいただくのがいいと思いますので、実際に試してみることが大切です。一ヶ月間後に日本の大きな量販店ビックカメラ実店舗に入る予定ですが、場合がよければ見に行ってくださいね。

SVBONY-コンパクト双眼鏡.jpg

もし重さを重視するなら、弊社のSV10、 SV9201、 SV933、 SV944、 SV950双眼鏡を選択できます。重さはわずか200gぐらいで、ポケットに入れると持ち運びできます。

もし光学性能を重視するなら、SV21、SV30、SV39を考慮に入るといいです。

お客様の好みによって選んだらいいです。また迷ってるなら気軽にお問い合わせくださいね。

ご都合がよければ記事にコメントを記入してくださいね、24時間以内に返事させていただきます。

小売もロットオーダーも受けます。必要に応じて製品を誂えることも結構です。

ご質問があったら以下の連絡方式でお問い合わせくださいね。

 

 


レビューを書く