SVBONY双眼鏡の種類と構造

SVBONY双眼鏡の種類と構造

SVBONY双眼鏡の種類と構造

双眼鏡にはコスト、用途・目的により様々なタイプがありますが、現在では大まかに分けて以下の2種3タイプがあります。

ガリレオ式

凸レンズの対物レンズに凹レンズの接眼レンズを組合わせ、そのままで正立像が得られる光学系を使用したものです。
100円ショップで購入できるオモチャから、かなり本気の高級品まで様々なタイプがありますが、3~5倍以下の低倍率が主流です。

11.jpg

星空を広い範囲で観察するために開発された、倍率2.1倍、口径42mmの双眼鏡。

星空を見渡せるため、倍率6~10倍程度の通常の双眼鏡に比べて開放感があります。

星座の星の並びや星座の中にある星雲、星団などの天体を確かめながら観察できるほか、天の川を構成する星々を視野の中に数多くとらえることも可能。

肉眼で見るよりも星が明るく見え、郊外の暗い夜空はもちろん、都会でも星空を楽しむことができます。

プリズム式

凸レンズの対物レンズに凸レンズの接眼レンズを組合わせ、そのままでは倒立像になるケプラー式望遠鏡に、像を成立させるためのプリズムを使用したものです。

プリズムの形式によりポロプリズムタイプ(ポロ型)、ダハプリズムタイプ(ダハ型)があります。

郑1121-2.jpg

SV9202双眼鏡がハイクラス双眼鏡です。

1、超低分散EDガラスは色の縁取りを引き起こす色収差を低減し、標準の双眼鏡よりもきれいで明るい画像を生成します 2. プレミアムコーティングは、可視光スペクトル全体にわたって高い光透過率を提供し、フェージング光の透過を最大化することにより、薄明状態でも明るく鮮明な画像を保証できます。窒素を充填した内部構造を通して最も過酷な気象条件に対処します。 ご都合がよければ記事にコメントを記入してくださいね、24時間以内に返事させていただきます。 小売もロットオーダーも受けます。必要に応じて製品を誂えることも結構です。 ご質問があったら以下の連絡方式でお問い合わせくださいね。

 


レビューを書く