SVBONY新登場のSV405C冷却カメラ

SVBONY新登場のSV405C冷却カメラ

おかげさまで、弊社のSV405CMOS冷却カメラが開発中です。現在の開発進展について、紹介させていただきます。

 

1.SV405Cカメラセンサー

IMX533は1インチ、3.76µmピクセルの9M CMOSイメージセンサーで、ADC12bitモードにおいて60フレーム/秒の解像度を出力させる事ができます。敏感に光源を捕捉し、優れた映像クォリティを実現する事ができます。

また、高性能かつ低い電力消費のイメージプロセッサを導入すれば、全景カメラの性能をかなり向上させる事ができます。高い解像度と低ノイズを求めます。

2.フィルターはクリアB270ガラス

SV 305/SV305 PROのオプチカル・ウインドウをIRカートフィルタで、これはHαを減衰させます。だからオプチカル・ウインドウをB270素通しガラスにします。

3..深宇宙撮影カメラ

4、サポートシステム

Windows/Linux/MacOSシステムに対応したいです。弊社のネットワークエンジニアは開発中です。製品が発売前に、テストを行います。製品の安定性を確保します。

5.USB 3.0

USB 3.0 ジャック、これにより、保護を必要とするアプリケーションに使用できます。高速転送可能になります。

興味があれば、ぜひ試してみます。

SVBONY facebookグループでお客様の写真を見せていただければ幸いです。 SVBONY 天文クラブにご参加を心よりお待ち申し上げます。

また、何か問題がございますたら、気軽にお問い合わせください。


レビューを書く