ガイドスコープ 取り付け方法

ガイドスコープ 取り付け方法

天体望遠鏡のみの単体だけでは何もできません。 実際に使うためには「架台と三脚」「接眼レンズ」「ファインダー」などが追加で必要になります。

ガイド撮影を行うときには、ガイド鏡が必要になります。 載せ方が悩ましいところです。 ここでは、SVBONY SV503望遠鏡とSV106ガイドスコープの同架方法を紹介しています。 何かの参考になれば幸いです。

機材:

1.SV503望遠鏡

2.SV106ガイドスコープ

3.アリミゾ式台座 &アリ型プレート

4.M6ネジx2「 長さ10mm」

5.M8ネジx2「長さ20mm」





また、他の問題がございますたら、気軽にお問い合わせください。

興味があれば、ぜひ試してみます。

私達の公式サイトでもSV 503望遠鏡とガイドスコープセットを販売しています。必要があれば、以下のリンクを参照してください。

↓↓↓詳細はこちら↓↓↓

SV 503望遠鏡とガイドスコープセット

SVBONY facebookグループでお客様の写真を見せていただければ幸いです。 SVBONY 天文クラブにご参加を心よりお待ち申し上げます。


レビューを書く