支払いでクレジットカードを使用している一部の方は問題があうことをお詫び申し上げます。サポートセクションで支払いについて問題の解決策を確認してください。また、メールでこちらに連絡できます。 ×

自分に合った双眼鏡を選びたい 初心者に双眼鏡のおすすめ

自分に合った双眼鏡を選びたい 初心者に双眼鏡のおすすめ

双眼鏡の選び方の基礎知識について解説!コンサート、バードウォッチング、星見や天体観測、野球やサッカーなどのスポーツ観戦、様々なシーンで活躍する双眼鏡。そこで今回は、おすすめの双眼鏡をご紹介します。選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

コンサート・観劇用双眼鏡のおすすめ

コンサートや観劇を見るための双眼鏡を選ぶ際は、まずは携帯性を重視しますよね。屋内・屋外ケースがあるので、明るさは場所に応じたものを使用するがベストです。屋外であれば、8~12倍、屋内であれば4~8倍の双眼鏡がオススメです。

また、全体をみたい場合は。見掛け視界の広いタイプがいいですし、注目したい人がいる場合は倍率が少し高めのものを選ぶのがオススメです。ステージ上のアーティストの表情など細かい状況が把握できます。

SVBONY SV525双眼鏡 アイドルの応援色の双眼鏡

 1.サイズがコンパクトで持ち運びに便利。10X8X6cm 、141g、長時間使用しても手や腕への負担を軽減します。

2.また、倍率は8倍で広い会場でも十分。対物レンズ有効経は21mmで集光率も高く、多層膜コーティングの採用により、明るくて鮮明な視界も確保します。

3.レンズに多層膜コーティングを施し、高コントラストを実現し、より臨場感の伝わる世界が広がります。薄暗い環境でも鮮明で明るい視野を提供します。

スポーツ観戦用双眼鏡のおすすめ

スポーツ観戦には小型かつ軽量で持ち運びやすい双眼鏡がおすすめ。大切なことは、。バスケットボールやバレーボールなど室内競技には6〜8倍の双眼鏡を、サッカーやラグビーなど広い野外の会場でおこなわれる屋外競技には8〜10倍のモノを選びましょう。これによって選ぶべき倍率や、レンズの明るさなどが変わってくるからです。

SVBONY SV30 双眼鏡ピント調整不要 8X32mm/10X42mm

 

  1. ピント調整がいらないため、見たい時にサッと取り出し、すぐ見える!。近づいたり遠ざかったりする対象物でもピントが合い続けます。
  2. 視界は明るく、スピーディな動きにも対応できます。レンズとプリズムには3層以上の多層膜コーティングが施され、高コントラストでの観戦が可能。
  3. また、接眼目当ての部分を回転させて引き出せる「ターンスライド式」を採用。裸眼でもメガネをかけていても覗きやすい仕様です。スポーツ観戦、ライブ、コンサートをはじめ、あらゆるシーンで活躍します。

天体観測用双眼鏡のおすすめ

星見や天体観測するための際は、まずは優れた光学性能を重視しますよね。淡い星の光でもしっかりと捉えられます。星を明るくシャープに観察できるのがポイントです。

だから、対物レンズの口径が40mm以上で、ひとみ径の数値が大きな双眼鏡がおすすめ。バードウォッチングには7~10倍が適しています。また、夜露や突然の雨に備えて、防水タイプの双眼鏡を選びましょう。

SVBONY SV407 星空観賞専用双眼鏡 三脚の接続可能

  1. 星空を広い範囲で観察するために開発された、倍率1倍、口径42mmの双眼鏡。倍率6~10倍程度の通常の双眼鏡に比べて開放感がある。
  2. 星座の星の並びや星座の中にある星雲、星団などの天体を確かめながら観察できるほか、天の川を構成する星々を視野の中に数多くとらえることも可能。
  3. サイズもコンパクトで持ち運びに便利。重量も350gと軽量なので長時間使用しても手や腕への負担を軽減します。ハイスペックなアイテムを探している方におすすめです。

バードウォッチング観測用双眼鏡のおすすめ

SVBONY SV47 高防水 バードウォッチング観測

  1. 多層膜コーティング、解像力は6"です、透光率抜群、バードウォッチングなど、野生動物の観察に適しています。
  2. また、倍率が10倍で高倍率なので、遠距離の対象を観察するのに向いているモデルです。
  3. 防水と防曇構造のため、雨の日や水辺での使用でも安心です。

終わり

いかがでしたか?双眼鏡1つでも何を見たいのか、どこで使うのかで少しずつ違いがあることがお解り頂けたのではないでしょうか。

ご都合がよければ記事にコメントを記入してくださいね、24時間以内に返事させていただきます。

小売も小口注文も受けます、もちろんカスタマイズも可能です。

ご質問があったら以下の連絡方式でお問い合わせくださいね。

 


レビューを書く