支払いでクレジットカードを使用している一部の方は問題があうことをお詫び申し上げます。サポートセクションで支払いについて問題の解決策を確認してください。また、メールでこちらに連絡できます。 ×

バードウォッチングvs双眼鏡 フィールドスコープの選び方とおすすめ人気4選

バードウォッチングvs双眼鏡  フィールドスコープの選び方とおすすめ人気4選

バードウォッチングや風景について、双眼鏡とスポッティングスコープがよく使います。それら2つ、光学機能が似ているため、ほとんどの人々が理想的な選択のが難しい。そこで今回は、選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

対物レンズ有効径(重さ

ウォッチングにとって、光学機器の携帯性は非常に重要です。

対物レンズ有効径は、フィールドスコープの基本性能を決める重要な数値です。

基本的には、対物レンズ有効径が大きな製品の方が、明るく解像度も高い優秀な製品ということになります。もっとも、対物レンズが大きくなると、本体のサイズも大きく重くなるので、携帯性は損なわれます。バランスを考えて選んでください。

バードウォッチングの接眼レンズは調節可能な機種もあるのに対して、双眼鏡より大きくて重いです。観察中に頻繁に場合を変更する人は、携帯用に双眼鏡が最適です。

観察対象に合わせて選ぶ「倍率」

フィールドスコープの倍率は、接眼レンズによって決まります。接眼レンズを交換できる製品なら、観察対象に合わせて倍率を変えることもできます。また、倍率を変えられるズーム式の接眼レンズもあります。こういった製品を選べば、倍率はある程度自由になるため、観察対象に合わせて調節することが可能です。

双眼鏡のほとんどは低い倍率範囲を持っていますが。つまり、より詳細で近いターゲットを取得するには、目標に近い必要があります。これは敏感な鳥にとって難しい

だから、バードウォッチングが最適です。

視野

なお、動いている鳥を撮るのが難しかったりする。高速で飛ぶ鳥を撮るのは次の動きの予測が必要なので難しいが、通常バードウォッチングの倍率範囲は20-60です。ただし、倍率が高いほど、視野は狭くなります。

ほとんどの双眼鏡は倍率が低くが、広い視野を提供します。 広い視野を求めている人にとって、バードウォッチングには双眼鏡が最適です。

長時間の観察

別売のカメラアダプターを用いてカメラを装着すれば、遠くの野鳥の撮影などを行うことができます。三脚別売)に取り付けることで、長時間の観察や超望遠撮影などにも、ブレずにしっかり対応できます。

終わり

フィールドスコープの選び方で最も重視することは、使用目的に合ったスペックの製品を見つけることです。もちろん、その製品の価格も気になりますが、倍率などの性能を重視するよりも、自分が必要としているものは何なのか、どんな時に使うのかなど使用目的を把握して選びましょう。比較的、野鳥の観察に最適なフィールドスコープなどは、機種もメーカーも変わってきますので、それを頭に入れてベストな1台を手に入れましょう。


レビューを書く