支払いでクレジットカードを使用している一部の方は問題があうことをお詫び申し上げます。サポートセクションで支払いについて問題の解決策を確認してください。また、メールでこちらに連絡できます。 ×

初心者におすすめ天体望遠鏡

初心者におすすめ天体望遠鏡

天体を観測していて探索することに興味を持ったら天体望遠鏡を購入することがしたくなってますが、価格帯が広くて、種類も様々あります。どのような天体を観察したいのかによって必要な性能が違いますし、自宅で星空を観測したいのかアウトドアに星空を観察したいのかによって違う天体望遠鏡を選びます。

 SV9501天体望遠鏡

天体望遠鏡と言えばレンズを重視しなければならないです。なぜなら、レンズは天体望遠鏡にとって命のような重要な物です。次はレンズの口径や機種を絞ってうこう。口径(目でのぞく方と反対側のレンズの直径)が大きいほうが光を多く取り込むことができるため、同じ倍率でも明るく見えます。

つまり、口径が大きければ大きいほど性能がより優れています。大きい口径には以下のメリットがあります。

1、極限等級が上げる=より暗い星を見られる

2、分解能が上がる=より細かく見れる

3、倍率が上がる=より拡大できる

だから、お金があたらできるだけレンズの大きい望遠鏡を購入します。

SV9501天体望遠鏡

次は倍率を検討します。

天体望遠鏡は接眼レンズを交換することによって倍率を変えることができが、倍率が高くても、高性能に違います。倍率が低いほど見かける視界がより広く明るくなって、逆に高いほど見つかる視界が狭く暗いです。そして、手振れやすいです。だから、レンズに合わせて目安に合う倍率がおすすめです。

天体望遠鏡ボ倍率が以下のようになっています。

1,低倍率はおよそ30~70倍

2,中倍率は70〜140倍

3,高倍率は140倍以上

低倍率の場合は星雲や星団、月の全体像を見ることができ、月面の拡大や惑星を観たいときには高倍率での観測がおすすめです。

そして、屈折式天体望遠鏡をおすすめです。

細長い鏡筒で、鏡筒の後ろから覗いて使用するタイプです。前面にはめた対物レンズ(凸レンズ)で光を集めて、接眼レンズで像を拡大して観察する仕組みになっている望遠鏡です.因みに楽に自然と星を観察できて初心者にも適用します。

後に観測にとって便利性アップ、三段式三脚付き、高さの調整も重要で、光学的なFMCコーディングガラスでや防塵プラスチックレンズカバーや防水機能も重要です.

天体望遠鏡を購入する注意点が以上です。もし初心者が天体望遠鏡の性能が分からいなら、弊社のSV9501天体望遠鏡を推薦いたします.SV9501は上述の注意点を全部備わっています。興味があったらお問い合わせ下さい。

ご都合がよければ記事にコメントを記入してくださいね、24時間以内に返事させていただきます。

小売もロットオーダーも受けます。必要に応じて製品を誂えることも結構です。

ご質問があったら以下の連絡方式でお問い合わせくださいね。

 

 


レビューを書く