お客様へ:ポイント還元率が変更になりました。以前の1%から5%にアップし、より多くのポイントキャンペーンをご提供します。今後もポイントキャンペーンなどをお楽しみに! ×

SVBONY SV305C 惑星カメラ USB2.0 カラーカメラ 惑星観測 IMX662 1.25インチ天文カメラ、取り外し可能なUV IRカットガラスを備えた 天体写真やEAAに最適

商品番号: F9198L.
Regular price 22,980円  
送料無料

1.SV305C カラーカメラは、目標天体を精確的に追跡できるため、赤道儀に取り付けられた屈折望遠鏡や反射望遠鏡と組み合わせて、ご利用するのがものすごく最適だと思っています。 SV305CにはROIとBIN機能もあります。

2.SV305C惑星カメラはIMX662センサーを使用;1/2.8 インチ裏面照射型センサー;2.9umピクセルサイズは38keフル充電に対応;効果的に露出オーバーを避けることができる。

3.IMX662 センサーは読み出しノイズが低いです。 ほどんど輝きがありません。 NIR が改善されました。 特に赤色のスペクトル帯域で。 光感度が大幅に向上しました。

4.USB インターフェイスがビジーまたは中断されていないときは、メモリが画像をキャッシュしてコンピュータに転送するため、フレームが失われたり破損したりすることはありません。

5.取り外し可能な設計のUV/IR CUT保護ガラス:赤外線または紫外線帯域を撮影したい場合は、カメラ前面の保護ガラスを自分で取り外し、1.25インチの延長チューブに接続し、外部IR685、IR850 または UV Venus フィルターを接続できて、さまざまな撮影体験を実現します。

在庫あり 売り切れ

SVBONY SV305C USB2.0 カラーカメラ  惑星観測

IMX662を使用、EAAにも適用

プレミアムなパフォーマンス

ワンキークイック設定:sharpcapソフトウェアで惑星高速モードと深宇宙長時間露光モードを設定しており、ユーザーは実際の撮影ニーズに応じて選択でき、ワンキークイック設定を実現します。 設定後は、自分に合った最適なパラメータを調整することができます。 保存しておくと、次回からワンキーで設定できるので便利です。 ユニークなワンボタン操作モードにより、惑星撮影がより簡単になります。

赤外線または紫外線帯域を撮影したい場合は、カメラ前面の保護ガラスを自分で取り外し、1.25インチの延長チューブに接続し、外部IR685、IR850 または UV Venus フィルターを接続できて、さまざまな撮影体験を実現します。

HCG ノイズ低減技術を使用すると、ゲインが増加すると HCG モードが自動的にオンになり、低ゲインの高いダイナミック レンジを維持しながら読み出しノイズを大幅に低減できます。 SV305C 望遠鏡カメラのゲイン値が 190 の場合、HCG は自動的にオンになります。

取り外し可能な設計のUV/IR CUT保護ガラス:

保護窓ガラスを外すと、本来の赤外線・紫外線の透過を防ぐ機能が解除されます。 現時点では、SV305C カメラを SV183 IR パス フィルターに接続できます。これは、近赤外での自然写真に適しています。 植物、空、雲の驚くべき違いを明らかにします。

128MB DDRII バッファ

SV305C 惑星カメラには、128MB DDRIII 画像バッファーが内蔵されています。 画像バッファの利点は、USB インターフェイスがビジーでないときや中断されていないときに、メモリが画像をキャッシュしてコンピュータに転送するため、フレームが失われたり破損したりすることがないことです。

0 reviews

カスタマーレビュー

仕様:

モデル SV305C
センサーモデル  SONY IMX662
総画素数  210万画素
対角 6.44mm
最大解像度  1920×1080
ピクセルサイズ   2.9μm×2.9μm
チップサイズ 5.6mm×3.2mm
フレームレート 24FPS
シャッター ローリングシャッター
露出時間 32μs~2000s
読み出しノイズ 6.5e~0.7e
QE ピーク ≈ 91%
フルウェル 38ke
ADC  12ビット
ROI はい
ビン  1X1 2X2
デジタルノイズリダクション HCG
互換性のあるシステム  Windows、Linux OS、Raspberry Pi、Mac os、Chrome os
内蔵バッファ 128M
インターフェース USB2.0
アダプター 1.25 インチ/CS/C
保護ウィンドウ  UV/IR CUT
バック焦点距離  7.5mm/12.5mm

SV305Cカラー惑星用のカメラの特徴:

  • 1.SV305C 望遠鏡カメラは、最新の IMX662 1/2.8 インチ裏面照射型センサーを採用しています。 このカメラは超高感度と超低読み出しノイズを備えています。 惑星写真や月面写真の性能が向上しており、EAAに非常に適しています。 
  • 2.128MB DDRII バッファ。SV305C 惑星カメラには、128MB DDRIII 画像バッファーが内蔵されています。 画像バッファの利点は、USB インターフェイスがビジーでないときや中断されていないときに、メモリが画像をキャッシュしてコンピュータに転送するため、フレームが失われたり破損したりすることがないことです。
  • 3.あらゆるROIとBIN 1*1 あるいは2*2に適用。SV305C カラーカメラは、目標天体を精確的に追跡できるため、赤道儀に取り付けられた屈折望遠鏡や反射望遠鏡と組み合わせて、ご利用するのがものすごく最適だと思っています。 SV305CにはROIとBIN機能もあります。 
  • 4.HCGデジタルノイズ低減技術を採用。HCG ノイズ低減技術を使用すると、ゲインが増加すると HCG モードが自動的にオンになり、読み出しノイズを大幅に低減できると同時に、低ゲインの高いダイナミック レンジを維持できます。 SV305C 望遠鏡カメラのゲイン値が 190 の場合、HCG は自動的にオンになります。
  • 5.取り外し可能なUV/IR CUT保護ガラス。機体に内蔵された保護ガラスはUV/IR CUTで、可視光域400~700nmにおいて96%以上の高透過率を実現。 可視光域の天体画像を撮影する際に、バランスの良い色合いが得られます。

Ask About This Product