支払いでクレジットカードを使用している一部の方は問題があうことをお詫び申し上げます。サポートセクションで支払いについて問題の解決策を確認してください。また、メールでこちらに連絡できます。 ×

天体望遠鏡の種類

天体望遠鏡の種類

1.屈折天体望遠鏡

いわゆる屈折天体望遠鏡は、その対物レンズが遠くの物体の光を収束させて実像を示すレンズである望遠鏡です。遠方からの光の屈折して焦点に集中させます。屈折望遠鏡のメリットは、鏡筒内が対物レンズと接眼レンズで密閉されており、空気が流れないため比較的安定しており、メンテナンスを怠っても鮮明で、使いやすいです。

光軸のズレによる像の劣化が反射望遠鏡よりもいい、レンズが大きくなく、球形ですので、機械研削で量産できるため、価格が安くなります。

(1)ガリレオ型天体望遠鏡:

人類の最初の天体望遠鏡、接眼レンズとして凹レンズを使用します、望遠鏡を通して見た画像は、実際に目で直接見たような直立した画像になります。地面での観測は非常に便利ですが、視野を拡大することはできません。現在、このタイプの設計は、天体観測では使用されなくなりました。

(2)ケプラー天体望遠鏡:

接眼レンズとして凸レンズを使用しています。今のすべての屈折望遠鏡はこのタイプです、

画像の上下左右は逆ですが、天体観測には影響しません。接眼レンズは凸レンズなので、2つ以上のレンズを組み合わせて視野を拡大し、収差を改善できます。色の違いを取り除きます。

2.反射天体望遠鏡

反射天体望遠鏡は、対物レンズではなく、主鏡と呼ばれる凹面鏡を使用しています。また、主鏡で集光した光を鏡筒外に反射する副鏡と呼ばれる小さな鏡があり、副鏡で反射した光像を拡大して接眼レンズで見ています。反射型の最大のメリットは、主鏡が鏡であり、光がガラスを通過する必要がないため、色差が全くなく、紫外光や赤色光をあまり吸収しません。したがって、分光測定などの物理観測に非常に適しており、色収差はありませんが、他の種類の収差もあります。反射凹面を放物線状(パラボリック)にすれば、球面収差をなくすことができます。鏡筒は密閉できないため、主鏡は煙やホコリの影響を受けやすく、メンテナンスが困難です。同時に、気温や鏡筒内の気流の影響も大きく、輸送中に主鏡や副鏡の位置が移動しやすく、光軸補正も非常に複雑で持ち運びに不便です。さらに、副鏡ベースの回折効果により、明るい星の星の画像に十字型または星型の回折パターンが発生し、画像のコントラストも低下します。また、画像の安定性は屈折望遠鏡の安定性ほど良くありません。

現在、有名な反射天体望遠鏡の設計は大きく5つのタイプに分けられ、これは市販されている一般的な中小型反射望遠鏡です。

(1)ニュートン天体望遠鏡:

1668年にニュートンによって発明および設計され、それは放物線の主鏡と平面副鏡で構成されています。平面副鏡は、主鏡から光軸に対して45度の角度で反射された光の焦点の前に設置されます。この種の構造は最も単純で、画像のコントラストが高く、最も人気があり、焦点比は通常f4とf8の間です。

(2)カセグレンまたはカセグレン望遠鏡:

双曲面凸面鏡は、主焦点の前に光を集束させ、主鏡の円形の穴を通過し、主鏡の後ろに焦点を合わせる副鏡として使用されます。反射によりレンズ鏡筒は短くなりますが、視野は狭くなり、非点収差はニュートニアンよりも深刻で、フィールドの曲率はわずかです。

3.反射屈折望遠鏡:

反射望遠鏡と屈折望遠鏡の強みを組み合わせた望遠鏡は、基本的に反射望遠鏡と同じですが、反射天体望遠鏡の欠点もあります。光軸から外れる視野のコメット収差をなくすためにレンズを使用し、また、主鏡は球面鏡ですので、反射鏡よりも磨きやすくなっています。

最も広く使用されている反射屈折望遠鏡の1つだけが紹介ひします。

シュミット天体望遠鏡

天体写真撮影のために1930年にシュミットによって発明されました。 主鏡として球面凹面鏡を主に使用してコマ収差を解消し、主鏡の前の適切な位置に配置された非球面レンズを補正鏡の補正器として使用して主鏡の球面収差を補正します。このようにして、広角(最大40-50度)の視野を得ることができます。通常のミラーによく見られる球面収差やコマ収差はなく、補正ミラーによるわずかな色収差しかありません。 写真に使用されるシュミット望遠鏡は、非常に小さい焦点比(通常、f1とf3の間、最小は0.6に達する可能性があります)を達成できるため、星野写真や星雲写真に非常に適しています。


レビューを書く