支払いでクレジットカードを使用している一部の方は問題があうことをお詫び申し上げます。サポートセクションで支払いについて問題の解決策を確認してください。また、メールでこちらに連絡できます。 ×

SV905Cのテスト・ST4ガイドカメラ編

SV905Cのテスト・ST4ガイドカメラ編

今回新たに発売する「SV905C ガイディングカメラ」は、長時間露光での天体撮影時には必須となるオートガイド用のガイディングカメラです。今日はオリオン座星雲のテストが説明します。

使用機材

66mm f/5.9 望遠鏡

セレストロンAVXEQGOTOマウント

ZWO ASI 178MC カメラ[Hα, Hβ, OIII,付近の波長域を透過させ]

50mm F=190mm ガイドスコープ

SV905C ガイディングカメラ

まず、L-eNhanceフィルターは使用なし、プレアデス星団を撮影します。 SV905CカメラはPHD2でST4ガイドに使用されました。テストされた最長の露出は5分であり、連続した露出で画像間にまったく動きませんでした。

プレアデス星団5x5分の露出しました。これは、画像を生成ではなく、主な撮影対象ハンター星雲が適切な位置に上昇する前にST4ガイドをテストするためです。

 オリオン座星雲を撮影するには、望遠鏡に平行にならないようにガイドスコープの角度を調整したほうがいいです。これにより、撮影された明るい星雲はガイディングカメラの作業をを妨げません。

オリオン座星雲

AstroDMx Capture for Windows

100 x 30秒露光 15 x 60秒露光 ダーク

Optalong LeNhanceフィルタ

ZWO ASI 178MCカメラ

PHD2 ST4自動ガイド

FITファイルはDeepSky Stackerでスタック

Gimp 2.10、FastStone、NeatImageでフラット処理


これらの実験は、SV905CカメラがST4ガイドカメラとして動作することを示します。

レビューby【Dr. Steve Wainwright


レビューを書く