10.1-10.5連休期間中、配送遅延可能です。毎日通常営業、なにか問題があれば、メールでお問い合わせください。24時間以内に返信します。 ×

SV305CMOSカメラの画像が緑色の解決策

SV305CMOSカメラの画像が緑色の解決策

SV305シリーズCMOSカメラ使用の流れについて、「SV305proの画像が緑色が強すぎて」と言うお声を聞くようになりました。

そこで、今日は解決策が説明します。

とりあえず使えるようになるまでの流れを説明します。

1.ドライバーソフトとアプリケーション

PCがSV305を認識するためのドライバーソフトと、実際にカメラから画像を取り込むためのアプリケーションが必要になります。いずれもSVBONYサイトの製品ページからダウンロードすることができます。

*最新版をアップロードすることをお奨めします。

2.パラメータ調整

カメラが認識されると右側に操作ウインドウが開きます。

主に調整するのは「Exposure」(シャッタースピード)と「Gain」(ゲイン)です。

レンズ(望遠鏡)のF値にもよりますが月以外はシャッタースピードは最低でも1秒以上、ゲインは高めにしないと、ピントが大きくずれている場合視野に入っているかどうかさえ分かりません。

3.設定の練習

カラーバランスがおかしいようなら「ImageControls」の「AutoWhiteBalance」のアジャストボタンを押します。

初めは明るい星や、月などでピント合わせや、各種設定の練習をすると良いでしょう。

画像色の場合、Brightnessは色を出すために最大の240にしてあります。White Balance(R)とWhite Balance(B)はかなり効きます。

製品についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

↓↓↓製品の詳細はこちら↓↓↓

SV305シリーズCMOSカメラ

info@svbony.jp
facebook: @SvbonyJapan 
twitter:@svbony
ins:svbonyjapan
youtube:SVBONY japan


レビューを書く