支払いでクレジットカードを使用している一部の方は問題があうことをお詫び申し上げます。サポートセクションで支払いについて問題の解決策を確認してください。また、メールでこちらに連絡できます。 ×

機能で分ける 双眼鏡選び5つのポイント

機能で分ける 双眼鏡選び5つのポイント

双眼鏡を選ぶときのポイントは、まず何よりも「使用目的」。時間、場所、対象をしっかりと考えるのが大事です。それが確定したらレンズの倍率、ボディのサイズ、デザインなどを使用目的に合わせて選べば、失敗をかなり減らせるでしょう。なお、サイズは自分が長時間使っても疲れない形や大きさ、重さを重視して選ぶようにしてください。

 

機能で分ける 双眼鏡選び5つのポイント  

 

1.耐久性durability

ストレート構造はよりコンパクトで、防水モデルを作成しやすく、より耐久性があります。

安価なプロタイプの光軸は故障しやすいです。

2.防水性waterproof

WR water resistant 防水性はボディーへの水の飛散を防ぐことができますが、水圧に対する耐性はありません

WP water proof防水性、通常、内側のレンズ本体は窒素で満たされ、ゴム製のOリングで密封されており、1メートルから5メートルの範囲の水圧に耐えることができ、レンズ本体の内部に湿気やカビは蓄積しません。

メンテナンスが不十分なら、外レンズもカビが生えることがあります。

3.アイカップ回転タイプ

ラバータイプ:ラバータイプのアイマスク。メガネをかけているときは、アイカップを下げることができますが、アイカップは変形しやすく、しわが残りやすいです。

引き出し式:メガネをかけているときはアイカップをアイピースに押し込み、メガネをかけていないときはアイカップを引き出すことができます。

回転タイプ:アイカップアイリングはねじで締めることができ、異なった視聴距離の人々のために便利です。それは最もよい設計です。

4.重量

直径4cm、重量500〜900グラムのモデルは持ちやすく、首にぶら下がっても問題ありません。

直径5cm、重量約1Kgは人によっては重いかもしれませんが、ボディーが重量を分散させるように適切に設計されている限り、手持ちで使用できます。

直径が5cmで重量が1KGを超えるものは、三脚での使用に適しています。

直径7cm以上のものは、基本的に三脚で支えなければなりません。

5.双眼鏡のメンテナンス

双眼鏡は、特に安価なモデルの場合、衝撃に対して耐性が弱いです。

水蒸気がたまるのを防ぐために、ターゲットを見ながら鼻を接眼レンズに近づけないでください。

露出したレンズが油で汚れている場合は、薬用アルコールと特別なマイクロファイバークロスで拭き取ります。

防水モデルが海水で汚れている場合は、真水で洗い流してから風乾することができます。長期間使用しない場合は、防湿ビーズ付きのコンパクトな袋または電子防湿ボックスに入れてください。革製の箱は、カビや吸水しやすいため、革製の箱には入れないでください。

レンズ本体がカビのある場合は、自分で分解したり清掃したりしないでください。修理のために工場に返送することをお勧めします。

終わり

 

今回ご紹介した選び方に加え、より自分に合った双眼鏡選びをしたい方は以下の記事をご覧ください

ご都合がよければ記事にコメントを記入してくださいね、24時間以内に返事させていただきます。

小売も小口注文も受けます、もちろんカスタマイズも可能です。

ご質問があったら以下の連絡方式でお問い合わせくださいね。


レビューを書く