一部の注文がブロックされて払えない場合があります。詳細はこちらをクリックして確認してください。 ×

SVBONY レデューサー・フラットナー

SVBONY レデューサー・フラットナー

レデューサー

レデューサーは光学系のF値を明るくする補正レンズで、天文望遠鏡の焦点距離は固定で、

天文写真の場合、長焦点の望遠鏡で低倍率が必要な時や、天体写真撮影の際にF値を小さくしたり、広視界を得たい時などに使用します

そこで、レデューサーは星雲や銀河を撮影する際によく使用されています。大体約0.6-0.8 x使用されています。倍率が大きすぎると視野周りの映像品質が低下します。

しばらく、私たち製品に適合した専用レデューサーを製造しないです。

 フラットナー

望遠鏡によって形成された映像面は平坦ではなく、曲げられた現象があります。直焦点撮影すると、写真の周りの端にある星が放射状になります。

フラットナーは、焦点距離は変わりませんが、像を平坦にして周辺像を改善する収差補正レンズです。

 フラットナーの場合、私たちのSV503シリーズED望遠鏡の専用0.8xフラットナー、最高のパフォーマンスが得られるように設計されています。

↓↓↓詳細はこちら↓↓↓

 SV193 0.8xフラットナー( Field Flattener)SV503シリーズ望遠鏡専用






また、なにか問題があれば、SVBONY 天文クラブにお問い合わせください。

面白い使い方を探しつつ、楽しんでやりましょう。

info@svbony.jp


レビューを書く