支払いでクレジットカードを使用している一部の方は問題があうことをお詫び申し上げます。サポートセクションで支払いについて問題の解決策を確認してください。また、メールでこちらに連絡できます。 ×

カメラ用撮影延長チューブと接眼アダプターの違い

カメラ用撮影延長チューブと接眼アダプターの違い

最近は延長チューブを購入して頂くお客様が多いですが、延長チューブの作用を間違えたお客様がいます。

ここでちょっと紹介させていただきます。

  • 1、一眼レフカメラ用、撮影延長チューブです。

このような延長チューブ、望遠鏡の接眼レンズを拡張チューブ、ネジT-アダプター、T-リングアダプターに入れ、カメラを望遠鏡に取り付けます。

カメラまたは接眼レンズで焦点を合わせるために、適切な焦点面に到達できない場合があります。この延長チューブキットはこの問題を解決します。

例えば:F9160A  F9190A  F9105A

接眼アダプター.jpg

  • 2、接眼アダプターです。

延長チューブは、望遠鏡による短距離の地上での観察や天体写真の用途に必要となる、追加のフォーカサーバックトラベルを提供します。

例えば:W9118A  W9119A

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご都合がよければ記事にコメントを記入してくださいね、24時間以内に返事させていただきます。

小売もロットオーダーも受けます。必要に応じて製品を誂えることも結構です。

ご質問やご問題がございましたら以下の連絡方式でお問い合わせくださいね。


コメント

Comment user

松島裕一

SV50380EDを購入しました。 接眼レンズを差してもピントが出ません。2~4cm不足しています。 どの延長筒が良いのでしょうか? また、EOS7Dで撮影していますが何を追加したら良いのでしょうか。

レビューを書く