支払いでクレジットカードを使用している一部の方は問題があうことをお詫び申し上げます。サポートセクションで支払いについて問題の解決策を確認してください。また、メールでこちらに連絡できます。 ×

SV105 SV205 SV305を比較する

SV105 SV205 SV305を比較する

弊社のデジアイピースをいつも応援していあただき誠にありがとうございます。デジアイピースシリーズにはSV105、SV205、SV305があります。また、お客様にもらったの意見がまとめて、SV305proが開発中です。ご期待ください。

そこで今回は、価格や性能や使用方などのから、SV105、SV205、SV305をご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

SVBONY 天文クラブでお客様の写真を見せていただければ幸いです。 SVBONY 天文クラブのご参加を心よりお待ち申し上げます。

SV105 6480円
SV205 9680円
SV305 16880円

*日本の公式サイトの価格

SV105

1.名称から分かるとおり、月面や惑星の電視観望用と思われるCMOSカメラです。

1/3インチの200万画素カラーセンサーov2710搭載のCMOSカメラで、USB2ケーブルでPCとつないでSharpCapで撮像する仕様です。ADCは10bit。FITSやSerでの出力も可能です。

2.チップのせいで、SV105の弱点の1つは、露出制御の幅が狭いことです。

素の状態だと約15msec~500msecまでしかシャッター速度を変更できません。

3.サポートPCシステム:Windows7, 10、 Linux、Mac OS(一部分に適用)、Androidシステム。Cレンズが接続できない

SV205

1.1.25インチの UVC装置でサポートPCシステム:Windows7, 10、Linux。最大解像度での最大FPS:15fps @ 3264x2448。windowsシステムは自動的にドライバをインストールします。鮮明さを大幅に向上させます。画像処理装置は、暗い光の補償技術を採用しており、照明が不十分な環境にも対応できるように最大1000MSの露光時間に合わせるゲイン調整機能を追加しています。

2.1.25インチのフィルターを接続することができます、フィルターのスレッドはM28.5 * 0.6です。

SV305

1.赤外線が入ってくると屈折対物の収差が増大するので、SVBONYのCMOSカメラ、SV305の光学ウインドウはIRcutフィルターとのことです。

2.Sony IMX290チップアップグレード版です。暗光補正技術を採用します。SV105 SV205より色収差が減少します。DSOの電視観望も使えます。サポートPCシステム:Windows7, 10、Linux。


レビューを書く