2021年1月の天文現像

2021年1月の天文現像

2021/1/13 日 新月

【月齢0】新月

「新月」というのは、満月とは逆で月と太陽が重なることで、私達が住む地球上からは真っ暗で、その形を確認することができません。ただ、真っ暗だからといって悪い意味かというとそうではないんです。

 

新月は月齢が0とういこと……そう、周期は新月からスタートするのです。したがって、この「新月」の日は、何か新しいことを始めたり、満月の日に向けて願いを月に祈るといいとされています。

 

 

水星が東方最大離角 2021年1月24日

 

最大離角は東方最大離角と西方最大離角があります。今回は水星が太陽の東側へ最も離れる東方最大離角です。太陽の近くを回る水星は、普段は太陽からあまり離れず見づらいですから、最大離角の頃が観測のチャンスになります。

双眼鏡を用意しておかれた方がよいでしょう。

最大離角の前後5日間くらいは、水星は同じような高度を維持します。しかし明るさの方は、最大離角の5日前が-0.9等と明るいのに対し、5日後は0.4等と暗くなります。このように明るさの面では、最大離角の2月10日よりも前に見た方が有利であることがわかります。