SVBONY SV105 1.25インチ 接眼レンズ 天体望遠鏡用アイピース 2MPデジタル接眼レンズ

在庫あり 売り切れ
商品番号: F9159A

Regular price 6,480円 (税込)

送料無料

1、人間の目の代わりにコンピュータで直接見ることができる、便利で、鮮明な画像によるリアルタイムの動的観察です。

2、相対的に独立したデバイスは、内蔵のカメラシステムとは異なり、より柔軟性と操作性がありますドライバなしのプラグアンドプレイです。

3、SV105接眼レンズカメラは標準的なUVC装置で、Windows 7/8/10と互換性があります、windowsシステムは自動的にドライバをインストールします。鮮明さを大幅に向上させます。画像プロセッサーは暗い光の補償技術を使用して、暗い場所でのカメラの画像の鮮明度を大幅に改善します。


1-1.jpg

使い方: 

1、まず、ご使用する前に、SharpCapソフトウエアをダウンロードし、インストールを行なっておいてください。

ドライバをインストールする必要はありません。 SV105は標準UVC装置なので、Windows 7、10システムは自動的にドライバをインストールします。

SharpCapソフトウエアURL: https://www.sharpcap.co.uk/sharpcap/downloads

2、天体望遠鏡で観測したい対象を捉えてください。まずは、月面など捉えやすい対象から始めて見ると良いでしょう。

3、次に天体望遠鏡の接眼レンズを外し天頂プリズムを取り付け、「デジアイピース」を天頂プリズムに取り付け接眼レンズ固定ネジでしっかりと固定してください。

4、「デジアイピース」とパソコンを付属のUSBケーブルで接続してください。パソコンの「スタート」ボタンを押し、スタートメニューを表示させます。スタートメニューから「SharpCapソフト」を選び、クリックしてください。「SharpCapソフト」が立ち上がります。「SharpCapソフト」のメニュー中の「camera」リストから「SVBONY SV105camera」をクリックし、少しすると画面にデジアイピースで映し出した画面が表示されます。

5、パソコンの画面を見ながら天体望遠鏡のピント調整ノブを回し、画面に映し出されている画像のピントを合わせてください。映像が上下逆さまの場合はデジアイピース本体を回転させて正立像になるように調整してください。そして、明るい画像を表示させない場合に、「SharpCapソフト」の「camera Control panel」を調整しクリアな画像がなるように徐々に調整してください。そして、「SharpCapソフト」で写真を撮って画像ファイルを保存することが可能です。もちろん、美しいビデオをキャプチャすることもできます。イメージをより美しくクリアにするために状況に応じて調整してくださいね。「SharpCapソフト」右側の規格:ゲイン、コントラスト、露出時間、フレームレート、彩度などを手動で調整してください。

SVBONY2.jpg 





3 reviews

カスタマーレビュー

面白かった

画質はよくないけどモニターでみられるので楽しい。ただし月面観測限定、大接近時に火星を見たけどぼ-として、意味なしです。

GOOD!

THE BEST.

誠実なマニュアル

注文してから、1週間で到着。  これから使い始めるわけですが、添付されているマニュアルは誠実さがにじみ出ている。  使い方。注意すること。品質保証には、保証できないこと・出来ることを明確に記述している  保証書なしで購入、請求書を購入 ? これは中古品の売買に関することかな? 末尾のコントロールソフトでは、SharpCapが日本語版が無いのでと断わりを入れている。  爺くさいことで申し訳ないが、この構えの“友”なら、一緒に星空へ旅立てそうだ。

SV105仕様:


モデル :SV105
カラーカメラ : Yes
イメージセンサー :1/3” CMOS 
センサーモデル : OV2710
動画サイズ : 5FPS(1920*1080)
静止画サイズ : 2M 画素 (1920*1080)
USBタイプ :  USB2.0   
画素サイズ :3μm X 3μm
シャッター :電子ローリングシャッター
露出時間 :15ms-500ms
ゲイン : 0-100
ADC  : 10 bit
インスフェースタイプ : 標準 UVC プロトコル
ケーブル長さ : 1.8m
重さ : 100g
サポートシステム : Windows7, 10. Linux, Mac OS, Android
サポート望遠鏡 : 1.25インチ天頂プリズム付属
消費電力 :150MA@5V
作業湿度 : 30%-80%
保管湿度 :20%-90%
操作温度 : 0℃ to +50℃
保管温度 : -10℃ to +60℃

パッケージ内容:


1、1x望遠鏡デジアイピース
2、1x 1.8m USBケーブル
3、1x 1.25インチダストカバー
4、1xクリーニングクロス
5、1x説明書(日本語)

1-9.jpg

相対的に独立したデバイス:

内蔵のカメラシステムとは異なり、より柔軟性と操作性がありますドライバなしのプラグアンドプレイ、簡単にライブビューモニターとして使用できるのでとっても便利です。

SV105接眼レンズカメラは標準的なUVC装置で、Windows 7/8/10と互換性があります、windowsシステムは自動的にドライバをインストールします。職場や学校での研究資料等を作る時の画像作成などに役立ちます。
動画サイズをコンピュータで見ることができます。
USBアイピースカメラを楽しく便利に使用すると、望遠鏡を使ってラップトップやPCにリアルタイムの画像を送信したり、大量なデジタルムービーや画像がキャプチャされることができます。
1920×1080の解像度で最大30フレーム/秒の高速2Kビデオを記録し、最大フレームレートは200フレーム/秒で、ほぼすべての望遠鏡に直接ネジで接続するためのアルミニウム製の1.25インチアダプタバレルです。

ノート:

天体望遠鏡接眼レンズカメラは電子感光装置である、レンズがない、電子アイピースは画素別に分けられている、 焦点距離が長いため、等しい比率が高い、遠い星を見るにふさわしい、たとえば月、木星、土星、近い目標を見るとはっきりしない、 手で電子目鏡を押さえる、パソコンの画面にオタマジャクシの模様が現れる、これらはすべて正常で、原因は距離が近い、結像の範囲を合わせることができないことに属します。それから、1.25インチのフィルターを接続することができます、フィルターのスレッドはM28.5 * 0.6です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Ask About This Product